嘉風が引退の真実を話したワケ

嘉風が引退の真実を話したワケアイキャッチ2019年秋場所

スコゲワブロガーのペパーミントあいです。

2019(令和元)年秋場所9日目。

元関脇の嘉風が引退会見を行い、
引退の原因となった膝の大怪我は
土俵の上での怪我ではなく、
地元佐伯市の渓谷降りのイベント中
負ったものであることを明かしました。

これを聞いて、
イベントの主催者に怒りを覚えたファンも
多いかと思います。

でも、主催者を批判する前に、
嘉風がなぜ引退会見で
このことを明かしたのか?

理由を考えてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

①佐伯市の対応を批判する目的

ここからはあくまでも私の推測です。

真相のほどは、
嘉風関本人に聞いてみないと分かりません。

でも第一に考えられる可能性として、

「危険なイベントを主催した
佐伯市を批判したかった」

ということはありえます。

ただ、とても人間の出来ている嘉風関が
私怨でそういうことを暴露するとは
思えません。

主催者の対応が悪かったのなら、
引退会見の場で恨みを晴らすのではなく、
直接主催者に対して苦情を申し入れると
思います。

②後輩たちに注意を促す目的

嘉風が引退会見で
膝の大怪我の理由を明かした理由として
考えられる第2の理由は、

「後輩たちに注意を促す目的」
が挙げられます。

ここ最近、テレビでも
「お相撲さんの素晴らしい身体能力」
アピールするために、

力士さんに体を張らせる無茶な企画
ちょいちょいありましたからね。

力士は頑丈だから何をしても大丈夫、
という思い込みから
このような事態に発展する可能性もある
ことを示したかったのではないでしょうか?

そして相撲協会や後輩の力士さんたちにも、
無茶な企画を安請け合いしないよう
注意を促したい思いもあったかもしれません。

③ただただ正直でありたいだけ

そして私が思うもう一つの理由は、
「ただただ正直でありたかった」
ということです。

嘉風って、
とても自然体で生きている人ですよね。

相撲も本人も
伸び伸びとした人柄の方ですよね。

引退会見では、
引退の原因となった怪我のことを
話さないといけません。

そこで嘘は言いたくなかったのでは
ないでしょうか?

特に主催者を批判する目的はないけど、
嘘の理由を言いたくはなかったから
正直に答えただけかと想像します。

私は③だと思う

以上、嘉風が引退会見で
膝の大怪我の原因を話した理由を
想像してみました。

私はシンプルに③ではないかと
思っています。

結果として、これを聞いた人たちから
①や②の行動は起こるかと思いますが、
嘉風本人の真意としては③ではないかと。

②については今後、
力士さんに企画を依頼する側も相撲協会も、
考えないといけないことかも分かりません。

ただ①については、
嘉風本人が主催者に抗議しないのなら、
そっとしておいてあげた方が
いいのではないか
と思います。

怪我が早く良くなりますように

嘉風は引退後、
「中村親方」として後進の指導に
当たります。

ただ膝の大怪我により麻痺が残り、
まだ指導者として再スタートを
切れる状態ではないようです。。。

中村親方が1日でも早く、
第2の人生をスタートさせられるよう
お祈りするばかりです。

ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る