大相撲の技術「おっつけ」とは?

01.大相撲の技術「おっつけ」とは?アイキャッチ 相撲コラム

スコゲワブロガーのペパーミントあいです。

今日は大相撲の技術
「おっつけ(押っつけ)」について
お話ししたいと思います。

「おっつけ」って、
大相撲中継で頻繁に出てくる用語だけど、
初心者には何のことだかさっぱりですよね。

逆に分かれば、
大相撲をより深く楽しむことができます!

ここではおっつけについて、
写真の図解付きで詳しく解説するので、
ぜひ覚えて帰って下さいね^^

スポンサーリンク

大相撲の「おっつけ」とは?

「おっつけ」とは、
相手の差し手を殺すための技です。

なのでおっつけが何か知るためには、
まず「差し手」が何かを知る必要が
あります。

差し手とは?

相手の脇の下に差し込んだ手のことを
「差し手」と言います。

大相撲中継でよく言う
「右を差した」「左を差した」とは、
相手の脇の下に手を差し込んだという
ことなんですね。

相手の左脇に自分の右手を差した状態を
「右四つ」、

相手の右脇に自分の左手を差した状態を
「左四つ」、

両手を相手の両脇に差した状態を
双差もろざし」と言います。

差されると脇があき、
体が起き上がって体勢が悪くなります

そこで、差された時に相手の差し手に
対処する技が「おっつけ」なのです。

おっつけの定義と図解

下の写真のように、相手の肘をぐーっと
押し上げている
のがおっつけです。

魁皇のおっつけ

これを言葉で解説するとこうなります。

  • 差された方の脇を締め、肘を脇腹につけて相手の差し手を挟み付ける
  • 相手の差し手の肘の下からぐーっと押し上げる

こうすることによって、
相手はせっかく差しても身動きが
とれなくなります

挟み付けられて痛いので、
差し手を抜きたくなります

さらにぐーっと押し上げられたことにより、
重心が浮いて体が起きます

ちなみに写真は魁皇(現浅香山親方)の
おっつけ。

魁皇の強烈なおっつけを受けた相手は、
あれよというまに体が浮き上がり、
根こそぎ持っていかれました

強烈なおっつけで起こす

おっつけ名人と呼ばれた力士

かつておっつけの名手と言われた力士の
一人が、二代目栃東(現玉ノ井親方)です。

怪我をしたことがきっかけで、
左から押っ付ける技術を磨きました。

おっつけを覚える以前は、
投げて怪我をすることの多かった栃東。

前へ出る技を磨くため、
おっつけを覚えました。

栃東がお手本にしたのは、
3代目若乃花(現 花田虎上さん)
おっつけとのことです。

栃東のおっつけのコツ

玉ノ井親方はおっつけのコツを、
以下の3点であると話していました。

  • 腰を横へ入れておっつける
  • 相手より下に入る
  • 肘の関節を押す

上半身だけでなく、腰も入れること。

肘の関節を押すことで、
相手は嫌がるのだそうです。

確かに肘の関節を押されたら
痛いでしょうからね><

この磨き上げた「おっつけ」で、
栃東は当時最強だった朝青龍を破って
優勝
もはたしました!

さらにはお手本であった尊敬する
3代目 若乃花にも勝って恩返しします。

小さな力士にこそ重要なおっつけ

このおっつけについて、
春日野親方(元栃乃和歌)は
NHK大相撲中継で

「廻しを取る以前の基本の技」

と話していました。

特に小さい力士は、
おっつけの技術をつけることが
とても大事とのこと。

確かに栃東も3代目若乃花も
大きい力士ではなかったですもんね。

決して大きくなかった彼らが
大関、横綱になれたのは、
卓越したおっつけのおかげかもしれません。

おっつけはこんな凄い技術だった!

以上、大相撲の技術「おっつけ」について
お伝えいたしました。

いかがでしたでしょうか?

おっつけはこんな技術であることが
お分かりいただけたかと思います。

  • 相手の差し手を殺すための技術
  • 体の小さい力士にこそ重要な技術
  • 小さな栃東や若乃花を大関、横綱に押し上げた技術

おっつけって、
こんなに奥深くて面白い技術だったんですね!

今後大相撲を観る時はぜひ、
各力士さんが差された時の
「おっつけ方」にも
注目して観てみてほしいです^^

ペパーミントあいがお届けいたしました。

コメント

トップへ戻る