早寝10日目:床で寝たくなる禁断症状発症

早寝10日目:床で寝たくなる禁断症状発症アイッキャッチ早寝早起き習慣化

スコゲワブロガーのペパーミントあいです。

早寝早起き習慣化生活を始めて
10日目になりました。

10日目は無性に
床で寝たい禁断症状が出ました!

早寝早起きのためには
まず床で寝る悪習慣を断ち切ろうと
決意したというのに!

長年染みついた悪癖の報酬のおいしさって、
恐ろしいですね><

麻薬のようです。。。

スポンサーリンク

早寝生活10日目の睡眠データ

早寝早起き生活を始めて
10日目になりました。

10日目の睡眠データは以下の通りです。

2019-06-20の睡眠データ

※このデータはApp「SleepMeister」で
計測したものです。

SleepMeisterについては
下記記事をご参照のこと。

早寝早起きの習慣化にはアプリが役立つ!
「やめられなくなる、小さな習慣」という本を読んで、早寝早起き生活を始めました!習慣を身に付けるには「報酬」が大事とのこと。その報酬を得るためには「スマホアプリ」がとても役に立ちます!今まで何度早寝早起きを試みても3日坊主にさえならなかった私が、アプリを活用したら1週間続けることが出来ました!

床で寝たい禁断症状発症!

早寝生活10日目の昨夜は、
物凄く床で寝たい禁断症状が出ました。

生活を整えるために
「とにかく床で寝るのはやめよう!」
と決意したというのに!

床で寝ないとやってられないくらい
疲れたのではなく、
ただ床で寝たいという禁断症状が出ました。

「なぜ床で寝たいって?
そこに床があるからだ!」

くらい、床で寝たくて仕方がないのです。

悪習慣による報酬の味って、
恐ろしいですね><

麻薬のようです。。。

通知に励まされる

そんな時、
このメッセージに励まされました。

通知「逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ逃げちゃダメだ!」

上記は「3日坊主を克服するアプリ」
というアプリから届いた通知です。

3日坊主を克服するアプリについても、
下記記事をご参照いただければと思います。

早寝早起きの習慣化にはアプリが役立つ!
「やめられなくなる、小さな習慣」という本を読んで、早寝早起き生活を始めました!習慣を身に付けるには「報酬」が大事とのこと。その報酬を得るためには「スマホアプリ」がとても役に立ちます!今まで何度早寝早起きを試みても3日坊主にさえならなかった私が、アプリを活用したら1週間続けることが出来ました!

私はこのアプリに
「床で寝ない」と設定しています。

実行がなかった時の通知を
「ロボットに話しかける人」に設定すると
こんなメッセージが届くみたいです(笑)

ロボットに話しかける人、
って何だよと思ったら(;^_^A

通知メッセージの口調は
他にも「ふつう」とか「粋」から
選ぶことが出来ます。

励ましって大事ですね!

習慣アプリ、
早寝生活にとても役立っています!

疲れている時ほどダラダラしたくなる

「逃げちゃダメだ」のおかげで、
1時間ほどダラけはしたものの、
なんとか23時前には寝られました^ ^

でもなぜか、疲れている時ほど
無意味にダラダラしたくなりますね(;^_^A

どうしたものでしょうか?

疲れているなら
さっさと寝てしまえばいいのに。

疲れている時ほど
何かと正常な判断が鈍るのでしょうか?

23時前に寝ると朝スッキリ♪

でも23時前に寝れたお陰か、
朝は割とスッキリです。

ひさびさに朝、
苦痛なく起きれた気がします♪

「早寝生活」と言いながら
ここ最近「ただの早起き生活」
でしたからね(苦笑)

目標は「早寝」で
早起きは結果だというのに。

その意識の切り替えが難しいです。。。

夜中に目が覚めるのを何とかしたい

あとは夜中にかなりの確実で
一度もしくは二度目覚めるのを
何とかしたいところです。

これは……寝具を替えないとダメかなぁ?

マニフレックスの出番かな(笑)

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る