白鵬は長く横綱でいたから傲慢になった?

横綱イメージアイキャッチ相撲ニュース

スコゲワブロガーの
ペパーミントあいです。

白鵬が傲慢になったのは、
長く横綱の地位にいたからなのでしょうか?

白鵬の時折見せる振る舞いが
傲慢に見えることには納得ですが、
その理由付けには疑問を覚えます。

スポンサーリンク

暴力問題再発防止検討委員会の報告

私が今回このテーマで記事を
書こうと思ったきっけは、
こちらのニュースの一文です。

元横綱日馬富士による幕内貴ノ岩への傷害事件を受けて2月に設置された日本相撲協会の第三者機関、暴力問題再発防止検討委員会が19日、最終的な報告書を協会に提出し、都内で記者会見した。横綱白鵬(33)=宮城野=の品格が問題視され、横綱に対する“再教育案”も提言された。

 モンゴル出身の3横綱が同席した酒席での事件。白鵬自身も貴ノ岩に長時間、説教しており、報告書では日馬富士の暴行に関し、危機管理委員会の聴取に「あえて『愛のムチ』と呼びたい」と答えたことが明かされた。

 2010年には元横綱朝青龍が暴力事件で引退。白鵬は昨年九州場所で軍配に不満をあらわにし、自ら物言いを付けるなど言動はたびたび物議をかもしてきた。

 報告書では横綱在位が長期にわたると、初心を忘れ自己の地位を過信し、品格、礼節に欠けると批判。但木敬一委員長(元検事総長)は「白鵬は2度も判定に対する不満」と断じ、対策として先輩横綱の助言、横綱審議委員会による特別指導の実施などを挙げた。

 同委員会は親方、力士ら協会員900人超を聴取し、17年度で全体の5・2%が暴力を受けたと回答した。根絶を目標に協会には、暴力を防げなかった親方への罰則規定の導入など多数の改革案を提示。但木委員長はコンプライアンス委員会の委員は親方だけでなく半数以上を外部とし、「外部委員には拒否権、特別議決権を持たせ透明性を持たせるべき」と要望した。

出典元:デーリースポーツ

日馬富士の暴力事件を受けて発足された
暴力再発防止員会の最終報告を受けての
ニュースです。

私が特に気になったのは、
赤い太字にした部分。

要するに、
ずっと横綱でいると傲慢になると
結論付けられたわけです。

少なくとも外部の人には、
そういう風にしか見えない、
ということです。

私はこれを読んで、
相撲ファンとしてとても情けない気持ちに
なりました。

横綱という権威も地に落ちたなと思いました。

これが明らかな誤解に基づいての判断と
思えば反論もしますが、

少なくともここに挙げられた
白鵬の振舞い(セルフ物言い)関しては、
全く反論の余地がありません。

横綱という権威ある地位に
ふんぞり返って傲慢になったがゆえの
行動としか映りません。

好きだけど残念すぎる白鵬の振舞い

私は白鵬のことは好きです。

彼が悪い人間でないことも知っています。
本当はいい人だと思っています。

でもここに挙げられたセルフ物言いや
ダメ押し、懸賞金鷲掴み
などの振る舞いは、
強いからって調子に乗って傲慢になって
いるようにしか見えません。

好きだからこそ、残念でなりません。

頼むからこういうみっともない振る舞いで
私をがっかりさせないで、

という気持ちでいっぱいです。。。

白鵬が傲慢になった本当の理由は?

でも「長く横綱でいると」傲慢になる、
という暴力再発委の理由付けには、
若干の疑問を覚えます。

白鵬は若くして横綱になって、
長くその地位にいたから
傲慢になったのでしょうか?

私にはそれだけではないように思えます。

確かに横綱になるって
相撲の世界では神になるに等しいことだし、
神のように崇められることも
あるかと思います。

それは人を傲慢にさせるのに十分です。

でも歴代の横綱で、
在位期間が長いほど傲慢になった、
という話はあまり聞きません。

(伝わっていないだけかもしれませんが)

白鵬が傲慢な振舞いをするようになった
本当の理由は、私には分かりません。

多分、本人も分からないんじゃないかと
思います。

でも私には、
63連勝を止められた稀勢の里戦での
万歳三唱事件
が大きかったのではと
思います。

同様に感じている相撲ファンは
多いのではないでしょうか?

あからさまな日本人びいきとしか
思えない万歳三唱。

よくよく映像を見返してみると
引いているお客さんもたくさんいました。

でも、このことで白鵬は「差別された」と
傷ついて、

以後は伝統芸能の相撲の横綱ではなく、
格闘スポーツのチャンピョンとして
欲しいままに振舞っている
ように
思えてなりません。

万歳三唱事件以降の白鵬について、
内館牧子さんは著書「大相撲の不思議」で

横綱としての威厳も格も
自ら放棄したように見える。

と書いていますが、
まさにその通りと感じます。

あの万歳三唱事件以降、
差別された白鵬をかわいそうに思うあまり、

何につけても差別問題に結び付けて
過剰な擁護をする“白鵬信者”

増えたように思えます。

そのことも、彼の傲慢な振舞いに
拍車をかけているのではないでしょうか?

横審が横綱を「指導」する?

暴力再発防止委員会はそんな白鵬に対し、
「横綱審議委員会からの指導」
提言しました。

これに関しては正直、
ちょっと首を傾げてしまいます。

白鵬の振舞いがそれだけ
目に余るレベルであることは分かります。

これまで何かある度に、
理事長が師匠を呼び出して注意したり、
横審からも提言がありました。

それでも一向に改善しなかったから、
師匠以外にも強い権限を持たせて
指導させる必要がある。

その趣旨は理解できます。

ただ、今の横審が横綱を指導するに
相応しい人たちなのかと考えると、
どうにも納得がいきません。。。

今の横審こそ、
万歳三唱した人たちのごとく、
あからさまな日本人びいきが目について
仕方がない
からです。

今の横審は、
稀勢の里と他の横綱に対する温度差
あからさますぎです。

そんな人たちに指導されても、
かえって逆効果なのではないでしょうか?

少なくとも、
問題の根本解決にはならない気がします。

横綱審議委員会が、
本当に「相撲を愛する外部の有識者」で
形成された組織であってくれれば
いいのですが……

ただただ残念でならない

以上、白鵬は長く横綱でいたから
傲慢になったのか?というテーマで
お届けいたしました。

いかがでしたでしょうか?

暴力再発防止委員会は
「長く横綱でいたから傲慢になった」と
結論付けたようですが、

私には万歳三唱事件の影響が
大きかったのではと思えます。

原因がどうであれ、
白鵬のセルフ物言いやダメ押し、
懸賞金鷲掴みなどの不作法を
容認することはできません。

ただただ、外部の有識者たちから
「横綱は長く務めると傲慢になるもの」
と結論付けられたことが残念でなりません。

以上、ペパーミントあいが
お届けいたしました。

コメント

トップへ戻る