荒汐部屋の猫親方モルとムギ

荒汐部屋の猫親方モルとムギアイキャッチ相撲コラム

スコゲワブロガーのペパーミントあいです。

猫の日とは一日遅れになりましたが、
猫の日にちなみ、
荒汐部屋の看板猫のモルとムギについて
語ってみました。

相撲ファンのあいだでは
有名な猫ちゃんのモルとムギ。

かつてツイッターには、
荒汐部屋に出稽古に来た白鵬が
モルとムギと戯れる?写真が載って、
話題になったこともあります。

モルとムギは関連書籍もたくさん出るほど
人気なんです!

スポンサーリンク

野良猫のモルと捨て猫のムギ

荒汐部屋の看板猫のモルとムギ。

ファンの間では
「モル親方」「ムギ親方」と
呼ばれて親しまれています。

言ってもムギ親方は人見知りで
あまり表には出てこないみたいなので、
よくお見掛けするのはモル親方です。

モルは福岡で野良猫生活していたところを
拾われ、

ムギは部屋の前に段ボールに入れて
捨てられていたところを拾われた
みたいですね。

捨て猫と野良猫の違い

書籍の説明書きには
「捨て猫と野良猫だったモルとムギ」
とありました。

捨て猫と野良猫って違うの?
と思い、調べたところ、

捨て猫:飼い主に捨てられたばかりの猫
野良猫:捨てられて期間がたち、野良生活をしている期間が長い猫。もしくは野良猫から生まれた猫。

のことを指すそうです。

ちなみに「野良猫」は
人の生活圏内で生活する猫を指し、
森などで野生生活をしている場合は
含みません。

野生の猫もしくは野生化した猫は
「野猫」というそうです。

モルとムギの関連書籍

モルとムギの関連書籍は、
なんと、こんなにたくさん出ています!

※写真をクリックすると
楽天ブックスへ飛びます。

書籍の発売時には
発売記念イベントが行われたことも
ありました。

白鵬とモル

かつてツイッターには、
横綱白鵬がビクビクしながら
モルを抱っこする写真が載り、
話題になったこともあります。

この恐る恐る猫を抱く横綱、
可愛すぎますよねvv

最強横綱、時にはヒール横綱の
イメージも強い白鵬ですが、
実はこんな可愛い一面もあるのです^^

荒汐部屋の蒼国来

さて、そのモルとムギのいる荒汐部屋。

白鵬が出稽古に来るくらいだから、
それなりに強い力士、
将来が有望な力士のいる部屋です。

荒汐部屋の代表格の力士は、
中国 内モンゴル自治区出身の蒼国来そうこくらいです。

白鵬関もツイッターで呟いていますが、
「モル」はモンゴル語で「猫」という意味。

このモルの名付け親が、
内モンゴル自治区出身の
蒼国来関なんです。

蒼国来は幕内上位の経験もありますが、
昨年は怪我に苦しみ、幕下落ちを経験。

現在はそこから這い上がり、
関取の地位である十両へ戻ってきました。

怪我でドカンと下がった番付を
今、少しずつ元に戻しているところです^^

相撲の世界では怪我でドカンと
番付を落とす人はたくさんいますが、
戻ってくるのはとても大変なんです><

蒼国来関はかつて、
八百長の疑いをかけられて
引退勧告相当の処分を受けたことも
ありますが、

裁判で勝訴して相撲に復帰出来た
力士でもあります。

とても苦労人なんです。。。

荒汐部屋の大波三兄弟

荒汐部屋で蒼国来と並んで
代表格と言えるのは、
大波三兄弟ですね。

大波三兄弟は上から
若隆元わかたかもと若元春わかもとはる若隆景わかたかかげの三人兄弟。

祖父が元小結の若葉山わかばやま
父が元幕下の若信夫わかしのぶという
相撲一家に生まれました。

大波三兄弟の若隆景

三兄弟の中で現時点で最も出世が早いのは
三男の若隆景です。

噛みそうな名前ですが、
最近になってようやく
NHKの実況アナウンサーも
「若隆景」の四股名に慣れてきました(笑)

ちなみに私は、
噛みそうな名前ゆえに印象が強く、
すぐに四股名を覚えることが
出来ました(笑)

三兄弟の中で最初に十両になったのは
この若隆景です。

大相撲の番付は

幕内

十両

幕下

三段目

序二段

序ノ口

という階級になっていますが、
十両より上になると関取と呼ばれ、
待遇が大きく変わります。

特に大きな違いは
「大銀杏が結える」ことと
「〇〇関」と呼ばれることでしょうか?

なので十両に上がることが
とても重要なことなのです。

若隆景については、
以前こんな記事も書きました!

「若隆景」という四股名の優れたところ
「若隆景(わかたかかげ)」という四股名は、とてもいい名前だと思います。言いにくいけど、四股名としてとても優れていると思うんです!言いにくいこと以外は、四股名、名前としての役割をとてもよくはたしていると思います。そして言いにくい四股名であることも、今や彼の個性。いいと思います!

大波三兄弟の若元春

そして三男の若隆景に続き、
次の3月に行われる春場所では、
次男の若元春も新十両昇進が決定しました。

若元春の新十両が決まった時の
記者会見では、
モル親方も同席したみたいですね^^

こんな風に会見に呼ばれちゃうくらい、
相撲ファンに親しまれている
猫ちゃんなんですvv

にしても、いい笑顔!

おめでとうございます^^

大波三兄弟の若隆元

そして三兄弟の長男は若隆元。

若隆景の入門前から幕下上位常連で、
常に時期十両候補と思われていました。

幕下の上位って、
元関取がたくさんいるから、
関取未経験者が勝ち続けるのは
凄く大変な地位なんですよ。

そんな幕下の上位で頑張っていた
若隆元ですが、ちょっとここ最近は、
怪我に苦労している印象です。

新十両は弟二人に
先を越されてしまいましたが、
これからの巻き返しに期待したいです。

モルとムギのこと、伝わったかな?

以上、猫の日にちなんで
荒汐部屋のモルとムギのことを
私なりの言葉で語ってみました。

あわせて荒汐部屋の力士さんについても
少し語ってみたのですが、
いかがでしたでしょうか?

今回はちょっと、
相撲そこまで詳しくない人にも
読んでほしくて書いたので、

ちょっと説明台詞が
多くなってしまったかもしれません。

モルとムギのこと、伝わりましたかね?

ご意見、ご感想等ございましたら、
コメントでもメールでもツイッターでも
いいので、お気軽に声かけて下さいね。

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

ペパーミントあいがお届けいたしました。

コメント

トップへ戻る