追憶・レイヴン編のネタバレ感想

00.追憶・レイヴン編のネタバレ感想アイキャッチテイルズオブアスタリア

スコゲワブロガーのペパーミントあいです。

2017年8月24日に公開された
テイルズオブアスタリア「追憶の楽園」
レイヴン編

あらすじと率直なネタバレ感想を
まとめています。

とても心が温まったり、
なんか切ない気持ちになったり、
ズッキューンときたり、

終盤はとにかく心の起伏が激しくなる
シナリオでしたが、いいお話でした^ ^

※本記事は以前のブログから
加筆修正して移行したものです。

オリジナルの記事は2017年8月25日に
アップしています。

スポンサーリンク

エリーゼを保護するところからスタート

レイヴン編のシナリオは、
何でも屋のレイヴンが雨の中を彷徨う
エリーゼを保護するところから始まります。

雨の中、傘も差さずに、
何かに怯えたように帝都ジャングレイスを
彷徨うエリーゼちゃん。

どうやら白き獅子から逃げているようです。

一方のレイヴンは、
エリーゼを偶然見つけたのではなく、
はじめからエリーゼの情報を集めて
探していた様子。

ストーリーの冒頭ではレイヴンが
白き獅子のクローと親しげに会話する
シーンもあります。

レイヴン編のシナリオ序盤は、
レイヴン視点でストーリーが進みつつも、

レイヴンが何者で、
どんな目的を持って動いているのかは、
ユーザーにはベールに包まれた形で
進んでいきました。

01.エリーゼを保護するレイヴン

ラザリスの裏の顔を見てしまったエリーゼ

エリーゼはとても怯えて、
詳しいことは何一つ話してくれません。

でも何者かに追われてジャングレイスには
いられなくなった様子。

レイヴンは何でも屋の相棒のノーマと
エリーゼを故郷の市都アルメリアまで
送り届けることにしました。

アルメリアへ向かう道中、
親切にしてくれたレイヴンとノーマに
エリーゼは少しずつ心を開きます。

笑顔も見せるようになったエリーゼは、
レイヴンに怯えていた本当の理由を
話してくれました。

エリーゼは偶然迷い込んでしまった
宮殿の地下牢で、ラザリスが「救う」
と称して咎人たちに何かするところ

見てしまいました。

(正確には立ち聞きしてしまった様子)

エリーゼはとても怖かったので、
このことは誰にも話しませんでした。

でもそんなエリーゼの様子を不審に思い、
学校の友達や先生は
彼女が咎人になったと疑いました。

そして白き獅子に通報されて
しまったとのこと。

それで追われる身となってしまいました。

「ラザリス様を疑いたくありません。
でも、ラザリス様のしていることは
『正しいこと』なのでしょうか?」

エリーゼの問いかけに
レイヴンは答えることが出来ません。

この『正しいこと』
後々キーワードになってきます。

記憶を取り戻すエリーゼ

レイヴンたちが滞在した街を
出発しようとすると、
街が魔物に襲われます。

レイヴンとノーマはエリーゼを宿に残し、
魔物退治に向かいました。

しばらくして外の様子が落ち着くと、
レイヴンとノーマのことが気になった
エリーゼは、2人を探しに外に出ます。

そこで生き残っていた魔物に
襲われたエリーゼでしたが、
通りかかった謎の男
ヴェイグに助けられました。

ヴェイグはエリーゼに尋ねます。

「スレイやティアという人物に
心当たりはあるか?」

「結晶に覆われた世界を覚えていないか?」

どうやら一足先に
記憶を取り戻していたヴェイグ

エリーゼを見つけて、
ずっとあとをつけていたようです。

そこに戻ってきたレイヴンとノーマ。

レイヴンはヴェイグが咎人と
真っ先に見抜き、弓を引きます。

でもエリーゼは、ヴェイグの説得で
記憶を取り戻しました!

02.ヴェイグ・リュングベル

03.エリーゼ、記憶を取り戻す

前章のジュード編では、
言葉での説得では記憶は取り戻せない
ことが分かりましたが、

エリーゼは以前の世界でヴェイグに
救われた時の言葉を聞いて
思い出しました。

言葉でもその人の人生に大きく
インパクトを残した言葉

違うようです。

レイヴンを説得するエリーゼ

エリーゼが記憶を取り戻すと、
事実を受け入れたくないノーマは
その場を立ち去ります。

レイヴンは「これで迷いはなくなった」
と、エリーゼに弓を向けました。

そして、自身の正体を明かします。

実は天帝の補佐官で、
ふだんはスパイ活動のために
何でも屋の顔を見せているというレイヴン。

このことは相棒のノーマも知りません。

レイヴンは極秘である天帝の「救済の儀式」
の存在を知った侵入者を探していました。

エリーゼに近づいたのは、
彼女をその侵入者と疑い、
その真偽のほどを確認して
天帝に突き出すため
でした。

そこに、通報を受けてエリーゼを追っていた
白き獅子のクローも合流!

追いつめられたエリーゼでしたが、
エリーゼは果敢にもレイヴンの説得を
試みました!

04.エリーゼ「レイヴンにも本当の記憶があるはずです」

05.エリーゼ「ヴェイグがしてくれたように」

06.エリーゼ「本当のレイヴンなら」

07.エリーゼ「根っこの部分は優しい人なんだって」

08.エリーゼ「天帝だって心までは変えられない」

本当の自分を取り戻したエリーゼは、
もう怯えていたエリーゼではありません。

記憶と一緒に、
本来持っている強さも取り戻していました!

レイヴンの記憶を取り戻す過程が凄い!

その後のレイヴンの記憶を取り戻す過程は、
とにかく凄かったです!

まずはリタやアーチェと一緒に
大精霊の暴走を沈めに行った時の
ことを話して聞かせるエリーゼ。

09.思い出すレイヴン1

11.思い出すレイヴン3

10.思い出すレイヴン2

レイヴンは「リタ」という名前に初めは
心が動かなかったものの、

再び口にした時、無意識に
「リタっち」と言ってしまったことで、
あれ?となります。

様子がおかしくなるレイヴンに
「ぶれるな!」と一喝するクロー。

12.レイヴンを取り戻そうとするクロー

でも、ここでクロー(ユーリ)の声を
聞いたことと「正しいこと」という
キーワード
でもって、

レイヴンは記憶を取り戻します。

13.レイヴン「思い出しちまった」

記憶を取り戻した時のレイヴンは、
何とも複雑な様子。

どうやら以前の世界の記憶の中には、
思い出したくない苦い思い出
含まれていたようです。

14.レイヴン「またお前さんに救われるとは」

15.レイヴン「次はおっさんの番」

アスタリアの過去の章では
レイヴンの過去は語られていませんが、

このやり取りを見るに、
レイヴンはそんな苦い過去を
ユーリに救われた経緯があるようですね。

……なお、ユーザーにはクローさんの正体は
バレバレですが、レイヴンは「声」を聞いて
クローがユーリだと気付いた様子。

見た目で分かるのであれば、
エリーゼもヴェイグもユーリとは
面識あるからすぐ分かりますもんね(苦笑)

「今目の前にいるお前さんを助ける」

レイヴンが記憶を取り戻して
咎人となったため、
ここでクローとのバトルに。

16.クロー戦

このクローさん、カッコいいですねvv

本来のユーリなら
言うはずのないことを言うクロー。

記憶を取り戻したレイヴンにとっては
とても残念なことのはずなのですが、
これがレイヴンが記憶を取り戻す
引き金になるとは、何とも複雑な展開です。

17.本当のユーリなら言わない台詞

18.レイヴン「どうにも目覚めが悪い」

ユーリの記憶を取り戻したい
レイヴンでしたが、
増援を呼ばれて体勢が苦しくなったため、
ここは一時退却。

「今度は自分がユーリを助ける」
ことを心に誓います。

19.レイヴン「借りは必ず返す」

20.レイヴン「また会おうぜ、青年」

うーん、
レイヴンがどんな風にユーリを救うのか、
楽しみになってきましたvv

記憶を取り戻すための旅が始まる

記憶を取り戻したレイヴンは、
前章の「結晶の大地と導きの光編」で
天帝をあと一歩のところまで追い詰めた
エリーゼたちから、

今いる世界が天帝によって
作りかえられた世界
であることを
聞かされます。

3人は離れ離れになった仲間と
みんなの記憶を取り戻す方法を探しに行く
ことにしました。

そこでレイヴンは、
自らが天帝の直々の指示で逃した
ベルベット
と合流することを提案。

天帝に強い敵意を抱いている
ベルベットなら、
天帝から世界を取り戻したい自分たちと
協力出来るだろうと話します。

エリーゼとヴェイグも同意しました。

※この時点ではラザリスがなぜ
ベルベットを逃したのかは
分かりませんでしたが、

のちにラザリスの個人的な怒りによる
ヴァンへの当てつけであったことが
判明します。

レイヴン編の最後は、
こんなシーンで締めくくられました。

21.エリーゼのいい台詞

22.エリーゼ「止まない雨はない」

23.エリーゼ「必ず晴れるときは来ます」

このあとレイヴンは
「エリーゼちゃんは天使だねぇ」
みたいなことを
おちゃらけた口調で言うのですが、

レイヴンにとってエリーゼが
希望の光を与えてくれる存在
であることは
あながち間違いではありません。

以上をもちまして、レイヴン編
「曇天散らす再起の光芒」は終了です。

24.レイヴン編終了

終盤は心の起伏が激しくなるシナリオだった!

章を進めるごとに、記憶を取り戻す過程が
劇的になっていますね。

ジュード編でのジュードとレイアの
思い出し方もドラマチックでしたが、

レイヴン編のエリーゼとレイヴンは
さらに複雑でドラマチックな展開でした!

特にエリーゼちゃんが記憶を取り戻す
あたりからは、私の心が忙しかった!

エリーゼが記憶を取り戻す場面では
「エリーゼ、頑張れ!」
と手に汗握って応援し、
思い出した瞬間は胸がいっぱいに。。。

その後エリーゼがレイヴンに
弓を向けられると、

「あぁ、信じていた友達や先生に
やられたと同じことされちゃうのか、
エリーゼ可哀想」

と胸が苦しくなるのですが、

「本当のレイヴンなら
こんなこと絶対にしません!」

と果敢に説得を試みだしたものだから

「エリーゼ、強えぇ!」と感動!

レイヴンが記憶を取り戻す過程では
再び胸がいっぱいになり、

クローとのバトルで
クローさんのあまりのカッコよさ
キュン死に(笑)

最後はエリーゼちゃんの心温まる
シーンで終わる、という、
見応え満載のストーリーでしたvv

追憶・レイヴン編の前後の話

レイヴン編の前のジュード編と、
次のコレット編については、
下記記事にまとめています。

ぜひあわせてご覧ください^0^

追憶・ジュード編のネタバレ感想
テイルズオブアスタリア追憶の楽園ジュード編「決意と覚悟の拳」のネタバレストーリーをまとめています。あらすじとあわせて率直な感想も語っています。天帝の支配する世界に何の疑問も持っていなかったジュードが、どのようにして記憶を取り戻していくのか?その描かれ方が面白いなと思いました!
追憶・コレット編のネタバレ感想
テイルズオブアスタリアにて2017年9月に公開された「追憶の楽園・コレット編~希望の涙~」のストーリーネタバレと率直な感想をまとめています。コレット編は、コレットが天帝ラザリスを支えるため、親友のシェリアと共に宮廷神子の試験を受けるというお話でした。

追憶編全話の感想は
下記ページにまとめています。

こちらもぜひお役立て下さい^^

アスタリア「追憶の楽園」の全ネタバレ感想
テイルズオブアスタリア「追憶の楽園編」のネタバレのまとめページを作成いたしました。ベルベット編~最終話の帝都決戦編編「楽園の夜明け」までの各章の簡単なあらすじと、詳細なネタバレページへのリンクを作成しています。追憶の楽園編のネタバレストーリーを知りたい方、感想が気になる方、ぜひお役立てください!

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

コメント

トップへ戻る