2019年大相撲初場所12日目の出来事

2019年大相撲初場所12日目の出来事アイキャッチ2019年初場所

スコゲワブロガーのペパーミントあいです。

2019年初場所12日目は、
玉鷲が初めて白鵬に勝った日でした!

以下、主な出来事を順にまとめています。

スポンサーリンク

御嶽海、大乃国以来の3横綱総ナメ

前日11日目は休場明けながら
白鵬を破った御嶽海。

今場所は稀勢の里、鶴竜、白鵬と
3横綱を総ナメしていたことになります。

関脇以下の力士が3横綱を倒したのは、
1984年(昭和59年)の大乃国以来です。

その記録がNHK大相撲中継で
紹介されていました。

関脇以下が3横綱を破った記録
1984年 春
(昭和59)
関脇
大乃国
千代の富士
隆の里
北の湖
2019年 初
(平成31)
小結
御嶽海
稀勢の里
鶴竜
白鵬

休場明けに横綱を破った記録に続き、
また新たな記録を達成してしまいました!

ちなみにかつての大乃国さんは、
その場所で3大関も破っているとのこと。

当時の3大関の一人で
この日解説の尾車親方(元琴風)は、
当時の大乃国について

「破竹の勢いだった」

と話していました。

まさに横綱へ駆けあがっていく時
だったんですね。

そして御嶽海にも

「大乃国関の験を担いで
駆けあがってほしい」

と激励しました。

唯一の違いは、
御嶽海は怪我で途中休場している
ということになりますが……

でもすごい力士には違いありません。

ちなみに、12日目の御嶽海は……

ちなみに、12日目の御嶽海は
栃煌山相手に立合いの変化で勝ちました。

……まさかの変化かよww

と思いましたが、
まあ、怪我もしていることだし、
仕方がありません。。。

でもこれで7勝目!

あと1番勝って勝ち越したら、
怪我を悪化させないように
早く休んでほしいです。。。

佐田の海と阿炎が勝ち越し!

12日は佐田の海と阿炎が
勝ち越しを決めました!

境川色の強い男前の佐田の海と、
チャラい(笑)阿炎。

対照的でした^^

佐田の海の勝ち越しインタビュー

阿炎の勝ち越しインタビュー

ちなみに阿炎の対戦相手は大奄美でした。

尾車親方の矢後への愛ある叱責

新入幕で7勝目をあげている矢後ですが、
7勝してから足踏みが続いています。

12日目も敗れて4連敗。

師匠の尾車親方は、
これまでの3連敗について

「前に出ようという気持ちはあるが
勝ち急いで腰が高くなっている。
だから中に入られてしまう」

と話します。

12日目の宝富士戦は、取組前に

「最初から四つに組んだら
宝富士の方がうんと上だから
突っ張るのがいいだろう」

という話もしていたのですが、
最初から組みに行って敗れてしまいました。

でも尾車親方は、
悪い方の予感が当たって負けたことより

「下がりながらの投げ」
「下がりながらの突き落とし」

「怪我に繋がる」と叱責します。

「今日は怪我しなかっただけ
儲けもんだと思った方がいい」

「負けることより怪我することを
怖がるべき」

「今日はそのことを厳しく
言おうと思います」

と話していました。

いい親方です^^

尾車親方、引退した豪風をねぎらう

一方で一昨日引退した弟子の
豪風については、
こう話していました。

各親方の怪我への見解

一方で今場所は、
怪我で休場する力士が絶えません。

怪我については、
この日十両の解説を務めていた
立浪親方(元旭豊)と尾車親方が
こんなコメントを残していました。

前日ラジオの解説での
北の富士さんのコメントと
あわせてご紹介します。

共通して言えることは、
「体重の増加」と「稽古(鍛錬)」
なんですねぇ。

一朝一夕には変えられないだろうけど、
そのあたりはちょっと、
相撲協会総出で何かしらの対策を
打ち出してほしいところですね。

木村寿之介、東と西を間違える

一方で幕内の取組では、
こんな珍事もありました。

遠藤が千代大龍に勝った相撲で、
どう見てもふつうに遠藤が勝っているのに
なぜか物言い。

どこも際どいところなんてなかったのに
何で??

と思っていたら、
協議はすぐに終わり、
藤島審判長(元武双山)から

「軍配は東に上がりましたが、
差し違いで西方の遠藤の勝ちといたします」

との説明が。

行司さんが西と東を間違えて
軍配をあげてしまった
ようです(;^_^A

その後、寿之介さんは

「申し訳ありません。
完全に千代大龍が負けたのは
分かっていたのですが、勘違いでした」

と話していたとのことです。

阿武咲、輝に圧力負けする

昨日連敗を止めて
7勝目をあげた阿武咲ですが、
12日目は輝に圧力負けしてしまいました。

先に押し込む場面も見られたのですが、
引いてしまったのでしょうかね?

押し返されて、
最後は完全に引いてしまいましたm(__)m

前半6連勝したときの勢いはどこへ?

でも6連勝していた時も、
引きは多かったんですよねぇ。。。

引いた後思いなおして攻めて
勝った相撲が多かったのですが……

やはり北の富士さんの言うように、
この「引き」を克服できるかがカギ、
なのでしょうか?

玉鷲が初めて白鵬に勝った!

そして結びの一番では、
玉鷲が白鵬に初めて勝ちました!

白鵬はまさかの連敗!

白鵬はふだん対玉鷲戦は
張り差しで相手の出足を止めに
かかることが多いのですが、

この日は前まわし狙いなのか
組みに行く正攻法な立合いでした。

その後は激しい押し合い(突っ張り合い?)
になり、白鵬有利に見えたのですが、
土俵際の逆転で玉鷲が勝利!

白鵬はちょっとふだんとは違う玉鷲戦。
何か思うところがあったのでしょうか?

何にせよ玉鷲は白鵬に初勝利!

勝ち越しインタビューでは
「(白鵬に)何としても勝ちたい」
と話していたので、
感慨もひとしおだったと思います^^

殊勲インタビューでは
涙をこらえる場面もありました。

おめでとうございます^0^

2019年初場所12日目の総括

以上が2019年初場所12日目の
わたしにとっての主な出来事です。

白鵬が2敗となったことで、
白鵬と玉鷲が2敗で並び、
優勝争いが分からなくなりました。

それでも実力的に白鵬が優位には
違いないのですが……。

尾車親方の明瞭で分かりやすく、
かつ優しい解説にも癒されました^^

ペパーミントあいがお届けいたしました。

コメント

トップへ戻る