2019年大相撲名古屋場所14日目の感想

2019年大相撲名古屋場所14日目の感想アイキャッチ2019年名古屋場所

スコゲワブロガーのペパーミントあいです。

2019年大相撲名古屋場所14日目は、
炎鵬が幕内で初の勝ち越しを決めました!

苦労の末の勝ち越し、
それも妙義龍に勝っての勝ち越しは
見事でした!

結びでは、
白鵬がお得意様の琴奨菊に
一方的に敗れるという波乱が起こります。

白鵬はここまで一敗でしたが、
ちょっと心配な負け方でした。

スポンサーリンク

炎鵬が幕内初の勝ち越し!

2019年大相撲名古屋場所14日目。

炎鵬が幕内での勝ち越しを決めました!

先場所は新入幕で、
7勝してから足踏みを続け、
とうとう勝ち越せませんでした。

今場所も比較的早い段階で7勝しながら
連敗し続けるという、
先場所と同じルートを歩いていたので
どうなることかと思いましたが、
良かったです^^

実力者・妙義龍に勝っての勝ち越し

勝ち越しを決めたのは
妙義龍との相撲でした。

妙義龍は実力者です。
強い相手です。

その上今場所は
とても調子が良かったです。

炎鵬の対戦相手は日を追うごとに
強くなっていき、
日が経つほどに今場所も
勝ち越せないのでは?

という嫌な予感もよぎりました。

それこそ前日の13日目は、
炎鵬の14日目の対戦相手が妙義龍と聞くと
解説の北の富士勝昭さんも
頭を抱えていました。

でも無事に勝てて良かった良かった♪

妙義龍に勝った相撲は
見事なものでした!

北の富士さんもお気に入りの炎鵬

きっと北の富士さんも
喜んでいらっしゃることでしょう。

北の富士さん、

「自分が負けても
こんなに苦しくなかったのに」

と話すくらい、
炎鵬がお気に入りですからね(笑)

でも炎鵬は一生懸命さが伝わって、
自然と応援したくなる力士
です。

白鵬、琴奨菊に一方的に敗れる

対戦回数単独2位になった白鵬-琴奨菊

一方で結びでは、
白鵬が琴奨菊に敗れるとい
波乱が起こります。

今回で63回目を迎える
白鵬-琴奨菊戦。

対戦回数単独の2位となりました。

※1位は稀勢の里-琴奨菊の69回です。

白鵬のお得意様だったのに……

これまでの対戦成績は白鵬の圧勝で、
むしろ琴奨菊はお得意様と言っても
いいくらいだったのですが、

その琴奨菊に一方的に
敗れてしまいましたm(_ _)m

結び前に1敗を守った鶴竜とは違い、
今場所はちょっと、
必死さや時に荒っぽい相撲も
見られた白鵬。

体はまだ本調子でない中、
ずっと気持ちで取り続けて
いたのかな?

と思いました。

白鵬の気持ちが切れないか心配

千秋楽は、
鶴竜との横綱決戦になるものと
なりますが、

白鵬の気持ちが切れてしまわないか
心配です。。。

白鵬は過去にも何度か、

終盤で気持ちが切れて

ぼんやりモードになってしまったことが

ありますからね。

またそうならないか心配です。。。

陸奥親方の読みは当たる!

陸奥親方(元霧島)も
「白鵬の今日の負け方は心配ですね」
と言っていたので、
余計に心配です。。。

陸奥親方の読みって、
かなりの確率で当たりますからね!

陸奥親方、話はあまり上手くないけど、
読みの鋭さは天下一品
ですよ!

さすが元大関だな、と思います。

琴奨菊は陥落後3つ目の金星

ちなみに琴奨菊は、
大関から落ちた後に
日馬富士、稀勢の里、白鵬から
金星を取っている
そうです。

大関から落ちても、
やっぱり強いな

と思います。

琴奨菊を見ていると、
横綱になってすぐ引退してしまった
稀勢の里と、

大関から落ちても
存在感を示し続けている琴奨菊、
どちらが幸せなのかな?

と、いつも思ってしまいます。。。

ただ、琴奨菊の性格的には、
後者の方が合っているんじゃないかとは
思います。

(まあ、イメージですけど)

横綱戦に相応しい相撲を見せてほしい

以上、2019年名古屋場所14日目の
感想を語らせていただきました。

炎鵬が勝ち越しを決めて嬉しかった一方、
白鵬がお得意様の琴奨菊に敗れるという
まさかの出来事もありました。

それも一方的な負け方だったので、
体の状態や心の状態が心配です><

でも千秋楽を迎えて
鶴竜が一敗、白鵬が二敗。

両横綱の優勝争いであることには
違いありません。

わがままを言えば千秋楽の結びで
横綱同士が相星で戦い、
勝った方が優勝、
という展開が良かった
のですが、

両横綱が千秋楽まで
優勝を争っているのは
嬉しいことです^^

2019年名古屋場所最後の相撲は
横綱戦に相応しい、力強い熱戦
期待したいところです!

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る