2020年大相撲七月場所14日目の手さばき帳

相撲と紅茶とゲームが大好きな
ペパーミントあいです。

2020(令和2)年七月場所14日目の
手さばき帳を公開いたします。

この手さばき帳ブログを通して、
より深く相撲を楽しむことが
出来ますように。

2020年七月場所14日目の実況と解説

実況:太田雅英
解説:尾車親方(元琴風)
向正面:雷親方(元垣添)
東リポート:戸部眞輔
西リポート:三輪洋雄

2020年七月場所14日目 幕内前半の手さばき帳

※特に良かった相撲・
個人的に注目していた相撲は
ピンクのボックスで表示。

○高安(9-5)-(6-8)錦木●

寄り切り

高安が一気に寄り切り!

すぐ左を差して下手を取り、

錦木の小手投げを堪えて一気に出た!

高安はあまり調子良くなさそうだが、

何だかんだで9勝目。

錦木は負け越し。

○佐田の海(7-7)-(8-6)琴奨菊●

寄り切り

佐田の海が一気に寄り切り!

佐田の海は

立合いで真っ先に双差しになった。

琴奨菊は何も出来ず。

■琴勇輝(6-8)-(4-10)松鳳山□

不戦勝

琴勇輝は前日の相撲で膝を傷める。

全治1ヶ月とのこと。

相当重い怪我だ。。。

●志摩ノ海(5-9)-(4-10)千代丸○

寄り切り

千代丸が右四つで一気に寄り切り!

何で10敗もしてるの?

と思うような相撲だった!

●琴勝峰(8-6)-(10-4)妙義龍○

妙義龍が土俵際逆転のはたき込み。

琴勝峰が一気に出てきたのを、

土俵際で逆転した。

>

尾車親方(元琴風)は琴勝峰の負け方を

褒めちぎる。

「前に出る相撲だから将来に繋がる」

「こういう相撲なら怪我をしない」

後者の発言には力士への愛情を感じた。

>

●玉鷲(9-5)-(9-5)若隆景○

押し出し

若隆景、玉鷲の押しを残して逆転!

よく残した!凄い!

○栃ノ心(9-5)-(8-6)北勝富士●

上手出投げ

栃ノ心、右でカチ上げ、

伸びた北勝富士の背中から

覆いかぶさるように上手を取り、

潰すように出投げ!

○輝(5-9)-(4-5-5)琴ノ若●

寄り切り

四つに組む展開。

一時は琴ノ若優勢だったが、

最後は輝が寄り切り。

琴ノ若は傷めている足で踏ん張る形に。。。

琴ノ若は蹲踞もままならない様子。

膝の状態が心配だ。。。

○宝富士(5-9)-(5-9)魁聖●

突き落とし

宝富士、当たってすぐに体を開いて、

突き落とし。

魁聖は全然足が出ていない。

心配だ。。。

●千代大龍(5-9)-(5-9)霧馬山○

寄り切り

霧馬山、千代大龍の当たりに下がらない。

スッと右の下手を取り、

双差しになって(?)、

一気に寄り切り!

強くなったと感じる相撲。

2020年七月場所14日目 幕内後半の手さばき帳

○隆の勝(8-6)-(7-7)徳勝龍●

押し出し

隆の勝、徳勝龍の引きについて行って

一気に出る!

●勢(2-12)-(1-13)阿武咲○

押し出し

阿武咲突っかける。二度目で成立。

阿武咲にやっと初日が出た!良かった!

一気に押し出すいい相撲だった^o^

ひと一倍大きな拍手が起こった。

尾車親方(元琴風)も「最高の相撲」

と褒めちぎる。

○遠藤(7-7)-(6-8)竜電●

上手投げ

遠藤が捻りながらの上手投げ!上手い!

●石浦(4-10)-(4-10)豊山○

押し出し

石浦がやや左にずれる立合いで、

下から押し上げる。

豊山、これを捕まえて押し出し!

>

○大栄翔(10-4)-(5-9)炎鵬●

突き倒し

大栄翔が一気に突き倒し!

炎鵬は今場所、

こんな一方的な負け方が多い。。。

●碧山(5-9)-(9-5)隠岐の海○

突き落とし

隠岐の海が土俵際逆転の突き落とし。

余裕があったように思う。

○正代(11-3)-(12-2)照ノ富士●

寄り切り

照ノ富士は左前廻しいい位置を取るが、

正代が双差しを狙う立合いで

照ノ富士を圧倒!強かった!

正代は勝った後も気合の乗った表情。

こんな気合の入った正代、初めて見た!

照ノ富士は2敗に後退。正代は3敗を守る。

●琴恵光(9-5)-(11-3)御嶽海○

すくい投げ

御嶽海、琴恵光に攻められたが、勝った。

琴恵光も強くなったと思った。

御嶽海も3敗を守る。

○照強(8-6)-(11-3)朝乃山●

足取り

照強が足取り!

うーん、朝乃山は悔しい3敗目(><)

照強、照ノ富士の援護射撃をした!

照強は殊勲インタビューで

「自分が勝つとしたら足取りだと思った。

付け人の錦富士に相談したら

いけるんじゃないかと言ってくれたから

やった。勝った瞬間は頭が真っ白になった」

と話すも、殊勲インタビューでは舌滑らかな

ストーリーテラーぶりを発揮していた(笑)

2020年七月場所14日目の敢闘精神あふれる力士

幕内

1位:正代
2位:照強
3位:阿武咲

十両

1位:錦富士
2位:翔猿
3位:翠富士

何と十両、幕内合わせて
伊勢ヶ浜部屋の力士が3人もランクイン!

照強に対朝乃山戦の作戦を授けた錦富士が、
ともにランクインしています!

そしてようやく初日を出した阿武咲も
幕内3位にランクイン^0^

最高にいい相撲で初日を出しました!

2020年七月場所14日目時点での優勝争い

二敗

  • 照ノ富士

三敗

  • 朝乃山
  • 正代
  • 御嶽海

※10勝3敗1休の白鵬は除外

2020年七月場所14日目に紹介された記録

正確なところは分かりませんが、

小結と関脇が4人そろって2桁勝ったら
史上初になるかもしれない

という記録が紹介されました。

今場所は関脇の正代と御嶽海、
小結の大栄翔と隠岐の海がともに勝ち越し。

うち正代、御嶽海、大栄翔は既に2桁の
白星を挙げていて、
隠岐の海も明日勝てば10勝目となります。

細かい記録をたくさん持っている
NHK大相撲さんでも
すぐ引っ張り出せなかったので、
過去にない記録の可能性はあります。

小結と関脇って、
強い人としか当たらないから、
そもそも4人そろって勝ち越すこと自体
難しいですもんねぇ。。。

2020年七月場所14日目に起った出来事

琴勇輝が休場

前日13日目の相撲で膝を傷めた琴勇輝が、
14日目から休場です。

全治1ヶ月との診断が出ています。

大きな怪我であると想像出来ます。

せっかくの帰り入幕で、
少しずつ調子を取り戻していただけに、
残念です><

本人が一番悔しいかと思いますが、
しっかり治して、
また元気な姿を見せてほしいです^^

阿武咲、快心の押し相撲で初日!

14日目にして、
ようやく阿武咲に初日が出ました!

長かったです><

でも良かった!

本人が一番ホッとしたと思いますが、
私もホッとしました(笑)

初日を出した相撲は、
とてもいい内容の押し相撲でした^0^

ずっと勝ち方を忘れたような相撲が
続いていましたが、ようやく勝てました!

良かったです^^

阿武咲が初日を出すと、
国技館のお客さんからは
割れんばかりの拍手が起こりました!

でも本人はいっぱいいっぱいで、
拍手を聞いている余裕はなかったとのこと。

相当根詰めていたようです><

明日の千秋楽は、
お客さんの拍手を聞く心の余裕も
持てるといいですね^^

優勝争いが大きく動く!

そして14日目は、
優勝争いにも大きく動きがありました。

正代が一敗の照ノ富士を破り、
照強が二敗の大関朝乃山を
足取りで破ります!

まさかの2トップが
そろって負けるという展開になりました。

正代はこんな気合の乗った正代

初めて見たというくらい強かったし、

照強からは同部屋の照ノ富士を援護射撃

してやるぞという気迫を感じました!

事実、援護射撃する気満々だったことは
その後の殊勲インタビューで分かります。

援護射撃するために
付け人の錦富士と作戦を練ったようで……

かつて日馬富士が白鵬を倒して
照ノ富士の優勝をアシストした場所を
思い出しました。

伊勢ヶ浜部屋の絆を感じました。

結果、照ノ富士が2敗で単独トップ、
朝乃山、正代、御嶽海が3敗で並ぶ
という展開に。

明日の千秋楽は、
照ノ富士と御嶽海、
結びで朝乃山と正代が対戦します。

照ノ富士が勝てばその場で優勝が決定。

御嶽海が勝てば
照ノ富士、御嶽海、正代-朝乃山の勝者での
優勝決定巴戦となります。

うーん、

照ノ富士の復活優勝も見たいけど、

巴戦も見たい!

朝乃山に3連敗はしてほしくないけど、

正代には優勝してほしい!

誰を応援していいか分かりません(笑)

ただ真面目に、
誰が優勝するのか分かりません。

非常に面白い場所になりました♪

2020年七月場所14日目 全体の感想

そんなわけで、
阿武咲に初日が出て、
優勝争いが大きく動いて、
14日目は非常に盛り上がった一日でした^0^

初めは白鵬と朝乃山が優勝候補の本命と
思っていましたが、
まさかの展開になりました。

しかし、今場所も横綱・大関の誰かが
休場するであろうことは
薄々想像はしていましたが、

まさか千秋楽の結びが
正代と朝乃山になろうとは!

新しい時代の到来を感じます。

ただ誰が優勝するにしても、
みんな怪我無く終わってほしいです。

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る