2020年大相撲七月場所4日目の手さばき帳

相撲と紅茶とゲームが大好きな
ペパーミントあいです。

2020(令和2)年七月場所4日目の
手さばき帳を公開いたします。

この手さばき帳ブログを通して、
より深く相撲を楽しむことが
出来ますように。

2020年七月場所4日目の実況と解説

実況:沢田石和樹
解説:芝田山親方(元大乃国)
向正面:舞の海周平
東リポート:太田雅英
西リポート:高木優吾

2020年七月場所4日目 幕内前半の手さばき帳

※特に良かった相撲・
個人的に注目していた相撲は
ピンクのボックスで表示。

○照ノ富士(4-0)-(0-4)千代翔馬(十両)●

極め出し

照ノ富士が抱えて極め出し!

強いけど、膝に悪そうで心配な相撲だった。

○琴勇輝(1-3)-(0-4)千代丸●

突き出し

琴勇輝が下から押し上げて突き出し!

●高安(2-2)-(4-0)琴勝峰○

はたき込み

突き合い!

高安が圧倒かと思いきや、

琴勝峰、高安が引いたところを

すかさず叩く!

○若隆景(1-3)-(3-1)琴ノ若●

寄り切り

若隆景、左に変わり気味に立ち、

低く右からおっつけて寄り切り!

いい相撲だった!

琴ノ若は小手投げで呼び込んでしまった。

●佐田の海(2-2)-(3-1)琴恵光○

寄り切り

琴恵光が一気に寄り切り!

圧倒していた!

○琴奨菊(3-1)-(0-4)松鳳山●

はたき込み

琴奨菊が待った。二度目で成立。

琴奨菊、松鳳山の変化に対応。

逆に松鳳山の体が伸びてしまい、

そこを潰すようにはたき込み。

●錦木(1-3)-(2-2)栃ノ心○

はたき込み

錦木が頭をつけようとしたところを、

首を押さえ込むようにはたき込み。

豪快な相撲だった。

●玉鷲(3-1)-(1-3)志摩ノ海○

突き落とし

両者頭で当たり合う!

押し合いを志摩ノ海が制した。

志摩ノ海、初日!

○妙義龍(4-0)-(1-3)勢●

送り出し

妙義龍が右を差して一気に出る!

勢、残す。

そこから手四つで見合う展開に。

妙義龍が下から押し上げて送り出し。

○魁聖(2-2)-(2-2)千代大龍●

寄り切り

魁聖が捕まえて寄り切り!

●石浦(1-3)-(2-2)徳勝龍○

押し出し

徳勝龍は踏み込まず、見る立合い。

捕まえて前に出て、最後は押し出し。

2020年七月場所4日目 幕内後半の手さばき帳

○阿炎(2-2)-(2-2)照強●

押し出し

阿炎は見る立合い。

照強は何も出来ず。。。

阿炎が一気に押し出し!

●竜電(1-3)-(3-1)北勝富士○

押し出し

北勝富士が一気に押し出し!

○炎鵬(2-2)-(1-3)碧山●

突き落とし

炎鵬が土俵際で逆転!

絵に描いたような逆転相撲に盛り上がる。

○宝富士(2-2)-(2-2)輝●

上手投げ

宝富士が手繰って組み止めて上手投げ。

力強かった!

●阿武咲(0-4)-隠岐の海(3-1)

押し出し

隠岐の海が一気に押し出し!強い!

が、阿武咲に初日が出ない。。。

○正代(3-1)-(1-3)霧馬山●

寄り切り

正代がかちあげて起こして

一気に寄り切り!強かった。

●豊山(0-4)-(4-0)御嶽海○

突き落とし

御嶽海、一度は引いて押し込まれるが、

反対土俵へ押し返し、突き落とし。

○貴景勝(3-1)-(1-3)遠藤●

押し出し

押す貴景勝と廻しを狙う遠藤の攻防。

貴景勝引いてからいなして崩して、

一気に出る!

軍配貴景勝で物言い。

スローでは、遠藤の足が先に出ている

ように見える。結果は軍配通り。

●大栄翔(2-2)-(4-0)朝乃山○

送り出し

朝乃山、攻め込まれたが、土俵際で逆転!

安定している。

○白鵬(4-0)-(1-3)隆の勝●

突き落とし

隆の勝ははじめての結び。

白鵬は幕内出場回数1257回で、

豪風と並ぶ歴代9位タイ

隆の勝が攻め込んだが、

白鵬、土俵際で逆転。

多分、見た目ほどは慌てていない。

2020年七月場所4日目の敢闘精神あふれる力士

幕内

1位:琴勝峰
2位:朝乃山
3位:炎鵬・照ノ富士

十両

1位:明生
2位:翔猿
3位:豊昇龍・朝弁慶

2020年七月場所4日目に生まれた記録

白鵬が幕内出場回数1257回となり、
豪風と並んで歴代9位タイとなりました。

<幕内出場回数>
1位旭天鵬1470
2位魁皇1444
3位高見山1430
4位安美錦1399
5位寺尾1378
6位琴奨菊1310
7位安芸乃島1283
8位琴ノ若1260
9位豪風1257
白鵬

※2020年七月場所4日目現在

2020年七月場所4日目前後のちょっとした事件

元力士の芸人・めっちゃさんが、
万引き犯を寄り倒して捕まえるという
出来事がありました。

3日目の夜に報道されました。

その時の様子は、
相撲芸人のキンボシ西田さんが
ツイッターに詳しく投稿しています。

ニュースにもなってます。

2020年七月場所4日目 全体の感想

4日目も推しの阿武咲に初日が出ず、
どんよりです。

対戦相手の隠岐の海が強いのは
場所が盛り上がりそうで非常に嬉しいのですが
阿武咲に初日が出ないことは
どんよりなのです。

推しの勝ち負けだけが全てではないけど、
推し力士が活躍しているかどうかの違いは
大きいのです。。。

5日目こそは初日を!と思ったら、

5日目の阿武咲の対戦相手は白鵬( ゚Д゚)

阿武咲は先場所の春場所、
白鵬から金星を取っているので、
余計勝つのが厳しい状況です。。。

何てこった……

でも先場所の金星も、
それまであまり調子よくなくて、
このタイミングで白鵬に阿武咲当てても
場所としては盛り上がらないでしょと
思っていたら勝ちました!

いい意味で私を見返してくれました^^

もう1回見返してくれることを期待します!

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。