中村親方(元嘉風)

スポンサーリンク
個人コラム

決意表明!2021年は「楽しむ」年にする

2020年は、現役時代の嘉風(現中村親方)の言う「とにかく楽しむ」が、いかに難しいことであるかを身をもって学んだ一年でした。その教訓を元に、2021年は「とにかく楽しむ年にしよう!」と元日に決意して書いたブログです。やっぱり私に大切なことを教えてくれるのは、いつも相撲だと思いました^^
大相撲観戦日記

中村親方の解説の良さを解説します

2020(令和2)年11月場所3日目の中村親方(元嘉風)の解説を聞いて、ここがいいなと思ったことをまとめています。中務親方の解説は①現役力士と対戦経験があり、説得力がある②力士の普段の努力をとてもよく見ているので、力士の魅力が伝わる③正面解説者の良さを引き出すところがいいと思います!
相撲ニュース

中村親方が佐伯市を訴えたやむを得ない理由

中村親方(元嘉風)が地元佐伯市を訴えた「やむを得ない理由」を、相撲記者の抜井規泰さんがツイッターで解説していました。とてもいい内容のツイートだったので、私のブログにも掲載したいと思います。リツイートで拡散してもすぐ流れてしまうのがツイッターの弱点なので、タイトル検索出来るようブログにもUPします。
スポンサーリンク
相撲ニュース

中村親方、佐伯市を訴えていた!

中村親方(元嘉風)が地元佐伯市を提訴した件について、思ったことを正直に語らせていただきました。一年前の引退会見から何があったのかは分かりませんが、賠償金額の大きさからして、その後も右足首のマヒによる後遺症が残っているのではないかと想像しました。まあ、想像ですけど。
2019年秋場所

嘉風が引退の真実を話したワケ

2019(令和元)年秋場所9日目。元関脇の嘉風が引退会見を行い、引退の原因となった膝の大怪我は土俵の上での怪我ではなく、地元佐伯市の渓谷降りのイベント中に負ったものであることを明かしました。嘉風はなぜ引退会見でそのことをわざわざ明かしたのでしょうか?理由を考えてみました。
早寝早起き習慣化

マニフレックス以外の気になるマットレス

マニフレックスを買おうと決めた私ですが、他の気になるマットレスも見ているうちに、本気でどれを買おうか悩んでしまいましたm(__)m 私が気になっているのは千代丸たんが宣伝している雲のやすらぎ、山本昌さんのモットン、浅田真央さんのエアウィーブ、以前横綱白鵬が宣伝していたライズのマットレスです。
相撲グッズ

嘉風愛用のマニフレックスについて

嘉風愛用のマニフレックスについてまとめてみました。マニフレックスがマットレスであることは何となく知っていても、どういうマットレスなのかはよく分からない、という相撲ファンも多いかと思います。そんな相撲ファンのために、マニフレックスがどれだけ凄いマットレスなのか、分かりやすく解説いたします。
2019年夏場所

阿武咲の2019年夏場所9日目

阿武咲は嘉風と対戦し、押し倒しで勝ちました!阿武咲は9日目を終えて5勝4敗と白星が先行。10日目は琴恵光と対戦します。立合いは2度阿武咲が突っかける形となったので、また気持ちばかりが先走っていないか心配しましたが、いい内容の相撲で勝ちました!逆に嘉風がちょっと元気がなく、心配です><
2019年夏場所

「なき天風」に嘉風の愛を感じたがっぷり総見

2019(令和元)年夏場所前の「感動!大相撲がっぷり総見」にて、嘉風関の一言に感動した話をしたいと思います。「今はなき天風」この一言に嘉風関の天風関(今は「さん」)への愛を感じ、嬉しくなりましたvv嘉風関、とても粋なお相撲さんだと思いますvv夏場所は関取復帰をかける場所となる天風さんを応援します!
2019年春場所

阿武咲、“大関”琴奨菊に完敗

2019年大相撲春場所10日目。西前頭6枚目の阿武咲は、元大関・琴奨菊のガブリ寄りに完敗でしたm(__)m 一応、右の抱え込み対策はして臨んでいたと思うのですが、及びませんでした。今場所の琴奨菊ははっきり言って大関です!めちゃめちゃ強いです!大関からは陥落したけど、いい感じに若手の壁になっています!
スポンサーリンク
トップへ戻る