陸奥親方(元霧島)

大相撲の記録

大関昇進の年長記録

NHK大相撲の細かすぎる記録が 大好きなペパーミントあいです。 2018(平成30)年夏場所13日目の NHK大相撲中継にて、 昭和33年以降の大関昇進年長記録が 紹介されていました。 本記事は当該の夏場所13日目に ...
2019年春場所

阿武咲と貴景勝の差を陸奥親方が語る

2019年春場所3日目、阿武咲は碧山に敗れ、1勝2敗となりました。2連勝した時同様、一気に前に出ましたが、土俵際の逆転を食らってしまいました。その原因を、解説の陸奥親方(元霧島)は「右の踵が上がってしまっている」と話しました。同じ押し相撲でも貴景勝の方が完成度が高く感じた理由は、ここだったんですね!
2019年初場所

2019年大相撲初場所13日目の出来事

2019年大相撲初場所13日目の主な出来事をまとめました。この日は白鵬が貴景勝に敗れ、10連勝の後のまさかの3連敗。優勝争いはまさかの玉鷲が単独トップとなります!13日目は幕下、三段目、序ノ口の優勝も決定。矢後が勝ち越しを決め、対戦相手・阿武咲とのちょっとした因縁も紹介されました。
2018年九州場所

快心の阿武咲に陸奥親方「もう半歩」

2018(平成30)年九州場所5日目、快心の相撲で隠岐の海を破った阿武咲に対し、陸奥親方(元霧島)は「もう半歩足が出るといい」と解説しました。霧島さんはあまりしゃべりは達者でないのですが、解説はいいところと悪いところがはっきり分かって勉強になります。5日目の主な出来事とあわせて詳しくお伝えします。
トップへ戻る