マニフレックスが届いた時の梱包形態

マニフレックスが届いた時の梱包形態アイキャッチ早寝早起き習慣化

スコゲワブロガーのペパーミントあいです。

マニフレックスの三つ折りマットレス・
メッシュウィング
を購入したので、
写メに残しました。

メッシュウィングは真空パックで届きます。

ついでに同時注文した
枕の フラットピッコロ と、
除湿シートの さらっとファイン
梱包&開封時も撮影しました。

ご参考までに。

スポンサーリンク

縦長の段ボールで届いた!

メッシュウィング
こんな縦長の段ボールで届きました!

残念ながらこれを呟いた日は
疲れて開封する元気もなく、

とうに寿命を迎えているであろう
中央のヘタレたマットレスで
寝てしまいましたm(__)m

なので一日遅れての開封です(苦笑)

ロール状のメッシュウィング

段ボールを横に倒して開封すると、
メッシュウィングは真空パックの
ロール状になっていました!

ロール状のメッシュウィング

真っ先に目に飛び込んできたのは
「保証書」の3文字です。

心強いですね!

マニフレックスには「10年保証」が
ついているんですよねvv

フラットピッコロとさらっとファイン

ロール状のメッシュウィングを
取り出すと、

次に目に入ったのは
枕・フラットピッコロ
パッケージです。

折りたたまれたフラットピッコロのパック

フラットピッコロ、
本来はこのパックに入って
届くのでしょうが、

メッシュウィング、さらっとファインと
同時梱包する時にパックに入れると
かさばるから、
折りたたんでの梱包なんですね。

有名人御用達の枕であることが
分かる面が表になっていました(笑)

ロール状のメッシュウィングの下に
枕のフラットピッコロと
除湿シートの さらっとファイン
並んで入っていました。

フラットピッコロとさらっとファイン

枕・フラットピッコロ初見の感想

フラットピッコロ は名前の通り、
とてもフラットな枕でした(笑)

名前の通りフラットなフラットピッコロ

想像していたより薄かったけど、
想像していたより弾力はありました!

これはとても寝心地に期待ですvv

カバーもついています。

フラットピッコロのカバーを開いたところ

フラットピッコロの替えのカバー
別売りでした。

私は替えのカバーは
購入していませんが、

専用のカバーでないと
寝心地が悪くなるようだったら、
フラットピッコロ専用のカバー
追加購入しようと思います。

私がフラットピッコロを選んだ理由

私がフラットピッコロを選んだのは、
マットレスがマニフレックスなら
枕も同じところのものにしたいという
理由でした。

マニフレックスの枕は
ピローグランデ という商品が
もっともスタンダードなようなのですが、

ちょっと高いと感じたので
安いフラットピッコロにしました(笑)

決め手は
そんなしょうもない理由です(苦笑)

それでも税抜13,200円
お高いですけどね><

お高い分、
寝心地に期待したいところです。

ただお高い分、
3年保証はついています。

3年だけかよ、って感じではありますが;;

……でも冷静に考えて、
枕の寿命ってそのくらいなのかなぁ、
とも思います。

フェルト状のさらっとファイン

除湿シートのさらっとファイン は、
こんなフェルト状のシートでした。

フェルト上のさらっとファイン

写真だと分かりづらいかもしれないけど、
フェルト状の、
少し固めのシート
になっています。

このさらっとファインには、
除湿の限界を知らせてくれるセンサー
ついています。

防水センサーのビリケン

裏面のビリケンさんが
青からピンクもしくは白に変わったら
干し時なのだそうです。

分かりやすくていいですね^^

さらっとファインは
洗濯も出来るので衛生的です♪

ただセンサーを水で濡らしてしまうと
センサー機能がダメになってしまいます。

洗濯する時はうっかり
センサーごと洗ってしまわないよう、
注意が必要です。

除湿シートの用途

除湿シートは

蒸れ防止

マットレスと床の接地面の結露防止

という目的で使うシートです。

マニフレックスには10年保証は
ついているものの、
カビは対象外となっています。

マニフレックスのマットレスは
とても通気性に優れているのですが、

通気性に優れているゆえに
マットレスと床(もしくはベッド)の
接地面が結露しやすい
という弱点が
あるようです。

イタリアのブランドなので、
日本の高温多湿な気候の下で使うことは
想定されていないんですねぇ。。。

メッシュウィングは
マニフレックス製品の中でも
日本向けに売られている
商品ではありますが、

メーカーも除湿シートとの併用を
勧めています。

併用した方が無難です。

除湿シートを敷く場所

さらっとファインの公式ページには、

「シーツの下」もしくは
「敷きパッドの下」に敷く

とありました。

でもメッシュウィングの場合は
マットレスなので、
シーツの下かマットレスと床のあいだに
敷くことになりますね。

まあ両方試してみて、
寝心地のいい方を採用しよう
と思います。

ただけっこう硬いシートなので、
シーツの下に敷いたら
だいぶ寝心地は変わると想像出来ます。

(使っているうちに
柔らかくなるのかもしれないけど)

真空から解放されたメッシュウィング

ロール状のメッシュウィング
3か所をテープで巻いて
留められていました。

3か所全てのテープを切ると、
ポコポコポコ、という音がして、
マットレスが真空圧縮状態から
元に戻っている
のが分かりました。

袋から取り出すと
物凄い勢いで元に戻ります!

真空状態から解放され、
元に戻ったメッシュウィングは
ご覧の通り。

真空パックから解放されたメッシュウィング

置き場所には困らなさそう

そこそこの容積ではあるけれど、
収納に困るほどではありません。

強いて言えば、
古いマットレスを処分するまでは
置き場所に困るかな、というくらいです。

特有のにおいについて

特有のにおいがしましたが、
これがマニフレックスの特殊材料・
エリオセルのにおいなのでしょうか?

※エリオセルについては、
下記記事をご参照のこと。

嘉風愛用のマニフレックスについて
嘉風愛用のマニフレックスについてまとめてみました。マニフレックスがマットレスであることは何となく知っていても、どういうマットレスなのかはよく分からない、という相撲ファンも多いかと思います。そんな相撲ファンのために、マニフレックスがどれだけ凄いマットレスなのか、分かりやすく解説いたします。

でも気になって眠れないほどの
においではありません。

少なくとも私は、
試しに横になって寝心地を確かめて
みようとお試し寝をしたところ、
うっかりマジ寝しかかりました(;^_^A

想像していたほど固くなかった

凄く硬いマットレスだと
聞いていましたが、
掴んでみると弾力がありました!

(冷静に考えたら当たり前か;;)

メッシュウィングを掴んだところ

想像していたほど固いマットレスでは
ありません。

「一般女性には硬すぎる
アスリート向けのマットレス」

なんて話も聞いたけれど、
全然ふつうに寝れます!

私、特に運動の習慣もない
ふつう体型の30代女性ですが、
ふつうに寝れます。

試しに横になってみると、
うっかりマジ寝しかかったくらいなので。

むしろしっかりとした弾力で

体を支えてくれて、

寝やすいくらいでしたよ^0^

柔らかすぎて体が沈んでしまう
マットレスよりいいと思います!

持ち手で持ち運びも楽々♪

メッシュウィングには
折りたたんだ時に持ち運べる
持ち手
がついています。

メッシュウィングの持ち手

これでしまったり干すときの
持ち運びも楽々です♪

しまう時って、
押し入れにしてもその他の場所にしても
高いところに上げることが多いから、
持ち手があるのは助かりますねぇ。。。

敷布団と違って厚みがあるから、
持ち手がないと持ち上げる時が
大変です><

日時指定のし忘れに注意

ちなみに私、
このマニフレックスのセットは
楽天で購入しました。

うっかり日時指定をし忘れました><

ふだんネット通販を利用する時、
あまり日時指定というものを
しないもので。。。

これは良くないなと反省しました。

小さなものなら
宅配ボックスに入れてもらえるけど、

マットレスのような大物は
宅配ボックスに入りません。

私は再配達を頼めばいいだけなので
困らないですが、

大物を持ち帰らなければならない
配達員さんに申し訳ないです。。。

……余談ですが、
そういう時に限って留守中に
来てしまうんですよねぇ。。。

そこに罪悪感を感じない人はいいけど、
再配達させて申し訳ないという
優しい心を持っている方は、
ちゃんと受取が出来る時間に
日時指定して下さいね(笑)

睡眠の質向上に期待

以上、

メッシュウィング(マットレス)

フラットピッコロ(枕)

さらっとファイン(除湿シート)

の梱包形態と開封時について
お伝えいたしました。

いかがでしたでしょうか?

これからしばらく寝てみて、
実際の寝心地について
ブログに書きたいと思います。

私にとっては
かなりお高い買い物だったので、
マニフレックスで睡眠の質が
良くなることを期待したい
ところです。

ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る