ドリンクバーの紅茶をおいしくする魔法

01.ドリンクバーの紅茶をおいしくする魔法紅茶コラム

スコゲワブロガーのペパーミントあいです。

今日はスコゲワのコ、
紅茶のお話をしたいと思います。

今日のテーマはずばり、
「ドリンクバーの紅茶をおいしくする魔法」

前にテレビでアンガールズ田中さん
話していた方法なんですが、

ちょっとひと手間加えただけで
本当においしくなるんです!

まさに魔法のような方法と
言っていいと思います!

スポンサーリンク

フタをして3分待つだけ

その方法はずばり、
「フタをして3分待つだけ」。

とっても簡単ですvv

え?それだけかよ??
と思われるかもしれませんが、
それだけで本当においしくなるんです!!

実際に試してみたから間違いないです。

紅茶の蒸らし時間は基本3分

濃さの好み、茶葉の種類によっては、
3分では長すぎたり、
逆に短すぎてしまうこともあります。

でもドリンクバーに置いてある紅茶の多くは
3分でちょうどいい濃さになるものばかりです。

というか、私が知る限り、
世の中の多くの紅茶は3分で
大概おいしくなります。

あくまでも私の経験則ではありますが、
ほぼおいしくなりました^^

いろいろな種類の紅茶で試してみましたが、
蒸らし時間が指定されているもの以外は
3分でOKと思っていいです。

田中さんの言う「3分」も、
あながち間違いではないと思います。

フタをすることもポイント

さらには「フタをする」ということも
ポイントになるかと思います。

フタをするとは、
つまり「保温する」ことです。

紅茶は温度がとっても大切。

90~100度の間が
最もおいしくなります。

90度以上にならないと茶葉が開かず、
うまみ成分が十分に出ない。

でも100度を超えると
出なくていい苦み成分まで出てしまうから
みたいですね。

ダージリンは4分以上がおすすめ

ダージリンの場合は、
抽出時間が長いので4分以上
蒸らすことをおすすめします。

ダージリンは長く蒸らしても
色がほとんど変わりません。

なので色が濃くなるまでずーっと
待っていたら、濃くなりすぎてしまいます。

ドリンクバーのダージリンがまずい理由は、
ひょっとしたら、抽出時間が長すぎたから
かもしれません。

個人的には最低でも3分半、
出来れば4~5分蒸らすこと

おすすめいたします。

スマホとソーサーを活用しよう

フタをして時間を測るって、
ちょっとめんどくさいですよね。

でもこれで紅茶が劇的においしくなるなら、
むしろ手間に見合った価値は
十分あるのではないでしょうか?

ファミレスなどのドリンクバーには
フタまでは用意されていないことも
多いです。

その際は、
カップの下に敷くお皿(ソーサー)を
フタ代わりにするといいです。

時間はスマホのタイマーを使って測れます。

アンガールズ田中の意外な一面

これ、テレビでアンガールズの田中さんが
話していた方法だったのですが、
やってみたら本当におしいくなったので
ビックリしました!

田中さんって、
キモイを売りにしている芸人さんだけど、
高尚な趣味を持っている人みたいですね。

その番組では田中さんの
意外な一面として、
様々な趣味を紹介していました。

途中から見たので番組のタイトルや
内容全ては覚えていないのですが、
面白かったです!

おいしいからぜひ試してみて!

以上が、ドリンクバーの紅茶が劇的に
おいしくなる魔法のような方法です。

いかがでしたでしょうか?

フタをして3分待つだけで、
ドリンクバーの安い紅茶も
劇的においしくなります!

情報提供元がアンガールズ田中さん
というのは意外かもしれませんが、
やってみたら本当においしくなりました!

ドリンクバーの紅茶がおいしくないなぁ、
とお思いの方にはぜひ、
試してみていただきたいです。

ペパーミントあいがお届けいたしました。

コメント

トップへ戻る