執筆中に別の小説が書きたくなった時の対処法

執筆中に別の小説が書きたくなった時の対処法アイキャッチ創作活動

どうも。

最近裏でこそっと
創作活動なんぞを始めた
ペパーミントあいです。

ちょっと趣味で小説を書いているのですが、
小説書いてるとこういうこと、
ありませんか?

作品を執筆中に
違う作品が書きたくなること

ちゃんと一つの作品を書き上げてから
次へ行きたいのに、
アイデアばかりどんどん出てきて、
気持ちがそっちに向かってしまう。

結果、今書いている作品への
モチベーションが下がってしまう。

だから気持ちが向いた方を書くけど、
その最中にもまた
別のアイデアが浮かんでしまい、
そっちを書きたくなってしまう。

結果、アイデアは無限にあるのに
作品は1個も出来上がらない。。。

その悪循環への対処法を調べたので、
軽くまとめてみました。

対処法①プロットを立てる

途中で別の作品が
書きたくなってしまうのは、

今書いている作品の全体像が
ぼんやりしているため

だそうです。

よって、

何章立てにする

どこにどんなエピソードを入れる

登場人物の目的と性格設定

という全体像を先にプロットとして
作っておいて、

あとはこのプロットに沿って
書き上げていくのがいいとのこと。

これ、私もやってみたけど、
いいなと思いました^^

ただいざ書き始めると
途中で話を変えたくなっちゃうことも多く、
その度に目次を書き換えるのが
ちょっと面倒だったりするのですが……

でも一度目次を作ってしまえば
あとはそれにそって書くだけなので
楽と言えば楽です^^

対処法②鉄は熱いうちに打て!

今書いている作品への
モチベーションが下がってしまうのは、
ネタの鮮度が落ちたからだそうです。

うーん、言われてみれば納得かも。。。

なので

①思いついたら即書く

②一期に書ける短編小説にする

のがいいかと思います。

対処法③初恋の時の気持ちを思い出す

全項目の「鉄は熱いうちに打て」に
通じるのですが、
鮮度が落ちて気持ちが冷めてしまったら、
そのネタに「初恋した時の気持ち」を
思い出す
、という意見もありました。

小説書くのも恋愛と一緒で、
片思いしている時は
ひたすらウキウキでも、
いざ付き合いだしたら色々あるように、

ネタ思いついた時は
めちゃめちゃ素晴らしい作品が
出来そうでワクワクしても、

いざ書き始めると、
自分の脳内だけでぼんやり
出来上がっていたものを
誰にでも分かる形にしていく
生みの苦しみがあって、
書くのが苦痛になる。

そんな時に新しいネタを思いついたら、
そっちに浮気したくなっちゃうんですよね
><

そこで思いとどまって、
その子(今書いてる作品)を
最初に好きになった時の気持ちを思い出す。

そんな方法もあります。

対処法④気持ちの向くままに書く

気持ちが向かないものを
無理して書いても
面白い作品になるはずもないので、

放置した作品は
それはそれでネタとして取っておいて、

とりあえずは
今一番書きたいものを書く、
という意見もありました。

で、放置した作品はまた
書きたくなった時に書く。

これが最もストレスの少ない
対処法かもしれません。

対処法総括

以上が私がざっと調べ上げた、
執筆中に別の作品が書きたくなった時の
対処法です。

①の「プロットを立てる」は、
脱線しないための対処法だけど、
脱線したあとに改めてプロットを作ることで
モチベーションを高めることも出来て
優秀な対策だと思いました。

②の「鉄は熱いうちに打て」は
脱線しないための対策で、
③の「初恋の時の気持ちを思い出す」は
脱線したあとの対処法ですね。

④の「気持ちの向くままに書く」は、
完全に脱線したときの対処法ですね。

やっぱり、
プロットをきちんと立てるのが
一番大事なのかなぁ、
と思いました。

ちなみに上記の対処法は、
以下のサイトを参考にさせていただきました。

執筆中に別のアイディアが浮かんだときは? 小説作法

実際にラノベ作家さんが使っている
プロットのテンプレなどもあったので、
色々勉強になるかと思います。

まあ、私は趣味で気楽にやってますけどw

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る