好角家の好楽さんが大相撲のゲストぉ!

好角家の好楽さんが大相撲のゲストぉ!アイキャッチ2019年初場所

スコゲワブロガーのペパーミントあいです。

笑点でおなじみの三遊亭好楽さんは、
相撲が大好きな好角家
なんですね!

2019年初場所7日目の大相撲中継の
ゲストだったのですが、

好楽さんが子供のころ好きだったという
横綱東富士あすまふじ信夫山しのぶやまの話が聞けて、
とっても面白かったですvv

ちょっと昔気質の人とも感じましたが、
放送席は終始にこやかで
いい雰囲気でした^^

スポンサーリンク

落語「阿武松」の話

放送席に登場した好楽さん。

いきなり歴代横綱の名前を
すらすらと言い始めます。

何でも落語には「阿武松」という
6代横綱阿武松を題材にした演目
があり、

落語家さんの多くは
初代明石志賀之助から6代阿武松緑之助
までは暗記している
そうです。

落語の阿武松について調べてみたところ、
阿武松は「大食漢は出世しないから」
という理由で武隈部屋を破門され、

もう故郷に戻ることも出来ないからと
自害を決意。

「この世の名残に」と入った飯屋で
その食いっぷりを主人から見込まれ、
錣山部屋に入門して出世する、
というお話のようです。

落語家の昇進の話

落語家さんの階級は
「前座見習い」→「前座」→「二ツ目」
→「真打」の4階級。

相撲よりもシンプルですが、
その分昇進までの道のりも
長いようです。

真打が相撲でいうところの十両なら、
二ツ目はさしずめ、
博多帯を締められる幕下、
といったところでしょうかね?

相撲でも幕下って、
関取ではないけど特別な
地位ですもんね。

好楽さんの芸名遍歴

好楽さんは元は林家彦六師匠の
お弟子さんだったようですが、
亡くなった時に5代目圓楽さんの元へ
移籍したようです。

今は圓楽一門だけど、
元は木久扇さんや太平さんと
同じ一門だったんですね!

ちなみに「のぶお」は好楽さんの本名。

彦六師匠は好楽さん入門時は
弟子を取ることを渋っていたけど、
亡くなった息子さんと同じ名前だったことで
引き受けてくれた
とのことです。

好楽さんが好きだった信夫山

そんな本名が「のぶお」の好楽さんが、
子供の頃好きだった力士は
「信夫山」でした。

信夫山の最高位は関脇で、
技能賞を6回受賞した技巧派力士。

横綱東富士を破った相撲のしばらくあと、
初代若乃花を破った相撲も放送されました。

かっこいいなと思いました!

ちなみに信夫山という方、
徴兵されて朝鮮半島の北で終戦を迎えたり、
ソ連の収容所から脱走したり、
大変な思いをした方のようです。。。

※フォロワーさんのツイートで知りました。

昔気質の人と感じる部分も

好楽さんの発言からは時折、
昔気質の人と感じるところもありました。

ただなぜか嫌な感じには
聞こえなかったです。

その後「手を抜いた叱り方はダメだ」
というお話もあったりして、

叱るときはちゃんと相手と向き合って
愛情持って叱る方
なんだなということは
伝わりました。

どんな言葉も、指導方法も、
褒めるのも叱るのも、
結局は言い方、使いどころですもんね。

中日は笑点を見て下さい(笑)

藤井康生アナとは、
こんなやり取りもありました(笑)

笑点は大相撲中継の裏番組ですからねぇ。

昔だったら裏番組に出演している人を
ゲストに呼ぶなんてありえなかった
でしょうけど、

局の垣根が
ずいぶんおおらかな時代になりました^^

境川親方と懸賞金の話

取り組みが終盤まで進むと、
放送席が懸賞金の話題で
盛り上がる場面がありました。

解説の境川親方(元両国)が
「落語の世界にも懸賞金はあるんですか?」

というようなことを言ったのが
きっかけだったと思うのですが、
気が付いたらこんな展開に!

藤井アナが日馬富士のいい話を
持ってきたと思ったら、

境川親方が豪栄道のゲスい話を
ぶっこんでくるという絶妙ぶりww

少し補足すると、
ツイートでは「一部」となっていますが、
これはわたしの聞き間違いで、

実際の放送では「懸賞金の全額」
伝えられていたようです。

※録画を確認した方から確認済み

豪栄道が袋だけ持ってきたのは、
横綱に勝った時の懸賞金とのこと。

この日の解説は好楽さんと親交がある
という理由で境川親方でした
が、
なかなかに神回だったように思えます^^

好楽さんゲスト回の総括

以上が、
三遊亭好楽さんが大相撲中継のゲストに来た
2019年初場所7日目の感想です。

落語「阿武松」の話を聞けたり、
信夫山、東富士、初代若乃花の
映像が見れたり、

日馬富士のいい話からの
豪栄道の落ちが面白い会話が聞けたり、
終始楽しいゲスト回でした^^

好楽さんは昔気質の人と
感じる部分もあったけど、
嫌な感じはしませんでした。

また来てほしいゲストさんの一人です。

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

コメント

トップへ戻る