宮原知子のGPファイナル2018

01.宮原知子のGPファイナル2018フィギュアスケート

相撲と紅茶とゲームが好きだけど
フィギュアスケートも好きな
ペパーミントあいです。

特に好きな選手は宮原知子さんです。

宮原知子選手の
2018年グランプリファイナルは、
最下位の6位という結果に終わりました。

結果だけを見ると残念ですが、
でも悪いことばかりではありません^^

宮原選手の今後につながる
ファイナルだったと思います。

スポンサーリンク

残念な結果ではあった

宮原知子選手の
2018年グランプリファイナルは、
まさかの6位。

最下位です。

言っても世界のトップ6しか
出られない試合なので、
出場できるだけでもすごいのですが、

それでも最下位という事実は
少し残念ではあります。

点数が伸びなかった主な原因は、
SPでミスが出たことと、

FSでは回転不足を3つ
(うち1つはダウングレード)を
取られたこと
でした。

元々ジャンプの回転不足が課題だった
知子ちゃん。

今季はジャンプの根本的な修正を始め、
少しずつ成果が表れていました。

優勝したスケートアメリカやNHK杯では、
回転不足のないクリーンな3-3を
飛べていた
んですよね。

それがここにきて
回転不足を3つ取られることになったのは、
本人が一番悔しいんじゃないかと思います。

URが2つ、DGが1つ計3個の回転不足で、
130点を超えるだけでも
凄いこと
ではあるのですが、

トップ選手しか出てこないファイナルでは、
133点台というのはちょっと
見劣りしてしまいます。。。

それが私には悔しくてなりません。

でも心配はしていない

とはいえ、何も心配はしていません。

宮原選手はこれまでも
回転不足に苦しんできましたが、
地道な努力で少しずつ改善してきました。

演技構成点の底上げもしてきました。

そもそもジャンプの修正って、
そうすぐに結果が出るものではありません。

まだ修正途上だし、
これからますます良くなってくると
思います!

努力家な知子ちゃんのことだから、
そう遠くない将来のことと思います。

靴が合っていないのでは?
という情報を小耳にはさみ、
そこは少し心配しています。

でも今頃は、
次の全日本に向けて頑張っているはず。

これまでも地道に、少しずつ
花開いていった選手なので、
これからもそうであると信じています。

素晴らしく評価されたこともある

ジャンプの回転不足で
全体の点数こそ伸びなかったものの、
GPファイナルでは嬉しいこともありました。

なんとレイバックスピンが満点!

それも9人のジャッジが全員
+5をつけての満点
です!

これ、凄いことですよ!!

+5~-5の11段階評価になってから
オール+5の満点って、
知子ちゃんが初めてなので!

たとえ回転不足のジャンプがあっても、
こういうところで点数を取りこぼさないのが
知子ちゃんの強みですよね。

地道な努力を怠らない知子ちゃんの
強みです。

それがスケートを通じて伝わってくるから、
応援したくなるんですよねぇ。。。

宮原知子選手を全力応援します!

以上、宮原知子選手の
GPファイナル2018について
振り返ってみました。

いかがでしたでしょうか?

ジャンプの修正中ということもあり、
順位こそ最下位だったものの、
レイバックスピンでは満点評価!

決して内容は悪いものでは
なかったと思います。

本人としては悔しい部分も多いだろうけど、
その悔しさを次の全日本に繋げてくれる
ものと信じています!

とにかく私は宮原知子選手が大好きなので、
これからも全力応援します!

ペパーミントあいがお届けいたしました。

コメント

トップへ戻る