阿武咲と貴景勝の差を陸奥親方が語る

阿武咲と貴景勝の差を陸奥親方が語るアイキャッチ2019年春場所

2019年春場所も阿武咲を応援している
ペパーミントあいです。

3日目、阿武咲は碧山と対戦。

一気の押しで前に出ましたが、
土俵際の逆転に敗れます。

その理由を、
陸奥親方(元霧島)が解説してくれました。

スポンサーリンク

阿武咲の敗因は右の踵

陸奥親方によると、
阿武咲の敗因は「足の運び」に
あるとのこと。

「右の踵が浮いてしまっているため、
膝が内側に入り、横への動き(はたき)に
対応できない」

とのことです。

言われて改めて映像を見てみると、
確かに右の踵が浮いていました!

右の踵が浮くことによって、
膝も内側を向いてしまっているのが
分かりました!

私は昨日のブログで、

「同じ一気の押し相撲でも、
阿武咲と貴景勝では完成度が違う」

と感想を語りましたが、
その差の一つが右の踵だったんですね!

陸奥親方も阿武咲と貴景勝の差は
「足の運び」にあると話していました。

※昨日(2日目)のブログは、
下記よりどうぞ。

阿武咲の2019年春場所2日目
2019(平成30)年春場所2日目、阿武咲は阿炎と対戦。一気の押し出しで快勝しました!これで阿武咲は、初日の隠岐の海戦に続き2連勝!幸先のいいスタートです。一方で阿武咲のライバルの貴景勝は、大関取りのかかる場所で2連勝。いずれも一気の押しで相手を圧倒する内容でした。

貴景勝は天敵・御嶽海に敗れる

一方で阿武咲と同学年のライバル・
貴景勝も、3日目は御嶽海に敗れます。

ここ2日間は
常勝の強さだった貴景勝ですが、

御嶽海はその貴景勝を
いとも容易く攻略したような相撲
取りました。

強いです!

御嶽海は貴景勝の押しにも下がらないし、
いなしにも対応。

多くの力士が貴景勝の独特の間合いに
翻弄されていなしを食ってしまうのですが、
御嶽海は貴景勝の間合いにさせませんでした。

これで貴景勝の対御嶽海戦は5連敗。

御嶽海は貴景勝の天敵となりつつあります。

この黒星で貴景勝は2勝1敗。

この黒星が大関取りへ向けて
今後どう影響してくるのか、
気になるところです。

この負けが終盤優勝争いに
大きく響いてくるのか?

あるいは、負けたことで以後の相撲が
逆に良くなる可能性もありますね。

阿武咲、4日目は正代と対戦

一方で阿武咲も、
3日目碧山に敗れて1勝2敗。

4日目は正代と対戦します。

実は私、正代にも阿武咲と同じくらい
期待して注目している
のですが、
ここ最近どうにもパッとしません。。。

でも正代は、
どうせ今日もパッとしないだろうと
油断していると、

急に死んだふりから目覚めたような
素晴らしい相撲を魅せることもあります。

強いんだか弱いんだか分からない力士です。
(本当は強いのでしょうけど)

はたして4日目の正代-阿武咲戦は、
どんな相撲になるのでしょうか?

正代が全く読めない力士なだけに、
展開が全く読めません。

楽しみです^^

大相撲観戦のお供に

以上、阿武咲の2019年春場所3日目の
相撲についてお届けいたしました。

陸奥親方の解説を聞いて、
昨日感じた疑問の答えが
少し見えてきました!

4日目の対戦相手の正代についても
語ってみたのですが、
いかがでしたでしょうか?

正代って誰やねん!?
「阿武咲」って何て読むの??
と思われた方は、力士名鑑をどうぞ^^

▼大相撲観戦のお供にどうぞ▼
力士名鑑平成31年版

これ1冊あると、
今いる力士さんのこと勉強できて
便利ですよ♪

私も相撲見始めたころは
とてもお世話になりました^^

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る