2019年初場所

2019年初場所

2019年大相撲初場所千秋楽の出来事

2019年初場所千秋楽の私にとっての主な出来事は「玉鷲の優勝」「貴景勝の大関昇進は見送り」「鳩岡の序二段優勝」「解説陣の昔気質な話に引いちゃった」の4本です。それぞれに思いのたけを綴っています。特に4本目は、結局これが原因で稀勢の里は引退を早めたんじゃないの?というお話です。
2019年初場所

2019年大相撲初場所14日目の出来事

2019年初場所14日目は、白鵬が休場するというまさかの事態になりました!これで優勝は玉鷲と貴景勝に絞られることに。個人的にはぜひとも玉鷲に優勝させてあげたいところです。終盤失速した阿武咲はようやく勝ち越し!十両の優勝争いをずっとリードしていた志摩ノ海は、14日目に十両優勝を決めました!
2019年初場所

2019年大相撲初場所13日目の出来事

2019年大相撲初場所13日目の主な出来事をまとめました。この日は白鵬が貴景勝に敗れ、10連勝の後のまさかの3連敗。優勝争いはまさかの玉鷲が単独トップとなります!13日目は幕下、三段目、序ノ口の優勝も決定。矢後が勝ち越しを決め、対戦相手・阿武咲とのちょっとした因縁も紹介されました。
スポンサーリンク
2019年初場所

2019年大相撲初場所12日目の出来事

2019年初場所12日目は、玉鷲が初めて白鵬に勝った日でした!白鵬はふだん玉鷲戦では立合いに張り差しを選択することが多いのですが、この日は正攻法の組に行く立合いでした。その後は激しい押し合いになり、白鵬優勢かに見えましたが、土俵際のいなしで玉鷲が逆転!白鵬にしては珍しく突っ張って頭で当たる相撲でした
2019年初場所

2019年大相撲初場所11日目の出来事

私にとっての2019年初場所11日目の主な出来事は、「豪風の引退会見」「北の富士さんが語る怪我が多い理由」「阿武咲が連敗脱出」「続々と行われる勝ち越しインタビュー」「絶好調の玉鷲と師匠片男波親方(元玉春日)の話」「再出場の御嶽海が白鵬に勝ってしまった」ことの6点です。詳しくはブログにて。
2019年初場所

2019年大相撲初場所10日目の出来事

2019年大相撲初場所10日目は、豪風が引退を表明。39歳でした。幕下では宇良と豊昇龍という楽しみな取組が組まれましたが、この相撲で宇良が治りかけの膝を再び負傷。その後も怪我人が続出するという悪夢が待っていました。そんな中、怪我をしない玉鷲の勝ち越しインタビューが若干の癒しとなりました^^
2019年初場所

2019年大相撲初場所9日目の出来事

2019年大相撲初場所9日目の出来事をまとめています。2019年初場所の「北の富士語る」では、親方としての北の富士さんのお話を聞くことが出来ました。結びでは白鵬と琴奨菊が史上2位タイの62回目の対戦回数を記録。大関が総崩れな日でしたが、錣山親方(元寺尾)の勝った力士をほめる解説に癒されました。
2019年初場所

平成最後の天覧相撲

2019年初場所中日(8日目)は、平成最後の天覧相撲の日となりました。幕内後半戦から天皇・皇后両陛下がご観戦。天覧相撲の時は土俵入りや結びの振れなどが普段と少し変わります。関係者に配られる大入り袋も「行幸啓記念」のものに変化。平成最後の天覧相撲で貴景勝-阿武咲戦が組まれたことは感慨深かったです。
2019年初場所

好角家の好楽さんが大相撲のゲストぉ!

笑点でおなじみの三遊亭好楽さんは、相撲が大好きな好角家なんですね!2019年初場所7日目の大相撲中継のゲストだったのですが、好楽さんが子供のころ好きだったという横綱東富士や信夫山の話が聞けて、とっても面白かったですvvちょっと昔気質の人とも感じましたが、放送席は終始にこやかで楽しかったです^^
2019年初場所

2019年大相撲初場所6日目の感想

2019年初場所6日目は、ここまで5連勝と強さを見せていた御嶽海が、妙義龍に敗れて負傷!ちょっと大怪我のようで、心配です。5連勝の力士の多くは敗れ、6連勝としたのは白鵬と阿武咲。ちょっと予想外の展開です。一方で高安、豪栄道の両大関も持ち直しているようなので、先は読めません。鶴竜は6日目から休場です。
スポンサーリンク
トップへ戻る