阿武咲、寄り切りで勝ち越し!

01.阿武咲、寄り切りで勝ち越し!2018年九州場所

2018(平成30)年九州場所は阿武咲を
応援しているペパーミントあいです。

10日目、阿武咲は千代翔馬を寄り切って
勝ち越しを決めました!

今場所初めて、
押し出し以外の決まり手での
勝ち越しです。

10日目の主な出来事とあわせて
お伝えいたします。

スポンサーリンク

今場所初めて寄り切りで勝った!

ここまで7勝2敗と
優勝争い次点の阿武咲。

10日目は勝ち越しをかけて
千代翔馬と対戦します。

阿武咲はいつものように
右手を出して左手で押っ付けるような
立合い

すぐに千代翔馬の左が入り、
組む形になりますが、
構わず一気に出ました!

決まり手は寄り切り。

これまで勝った相撲は全て
「押し出し」でしたが、
初めて押し出し以外の決まり手です。

でも内容は押し出しで勝ったものと
変わらぬ素晴らしいもの
でした^^

これで8勝2敗!

勝ち越しです♪

礼儀正しい勝ち越しインタビュー

平幕勝ち越し第一号となった阿武咲は、
取組後、勝ち越しインタビューを受けます。

優勝がかかろうが勝ち越しがかかろうが
「一番一番、精いっぱい頑張ります」
と応える阿武咲のインタビューは、

とても礼儀正しくて、
昔のお相撲さんのイメージに
近いかもしれません。

昔はかなりやんちゃで
ヤンキー色の強い子だった
ようですが、
今の姿だけを見たらちょっと
想像つかないですね。

でも、インタビューアーの
優勝や二桁や三役への煽りには
乗らなかった阿武咲ですが、

ライバルで親友の貴景勝の話をされると
「いい刺激を受けています」
と素直に話してくれました^^

2人で切磋琢磨して、
これからの大相撲会を支えてほしいですね。

※やんちゃだった頃の阿武咲については、
下記記事にてまとめています。

阿武咲が感謝の心を忘れない理由
阿武咲のツイッターのプロフィールには「感謝の心を忘れずに」とありました。殊勲インタビューでも「感謝」という言葉を口にすることの多い阿武咲。彼が感謝の心を大切にしている理由は、師匠・阿武松親方(元益荒男)とのとあるエピソードにありました。阿武咲の高校時代、入門する以前のことです。

11日目の松鳳山戦が楽しみ!

その阿武咲、
明日11日目は松鳳山と対戦します。

松鳳山は今場所とても好調。

特に10日目の千代の国戦は
この日一番の熱戦だったんじゃないかと
いうくらい盛り上がりました^0^

今場所の松鳳山は
毎日のように熱戦で沸かせて
くれているので、

これは阿武咲との対戦は
非常に楽しみでなりません!

熱戦を期待したいところです!

10日目終了時点での優勝争い

止まらない貴景勝

そして10日目終了時点での
幕内の優勝争いは、
以下のようになりました。

1敗:貴景勝
2敗:高安、大栄翔、碧山、阿武咲
3敗:豪栄道、隠岐の海

貴景勝は10日目も北勝富士を圧倒!

ちょっと立合いの呼吸が
合わなかったようにも見えましたが、
強かったことには違いありません。

ちょっと今場所の貴景勝は、
真面目に誰が止めるの!?
という感じです。

解説の鏡山親方(元多賀竜)が
貴景勝が勝った瞬間に

「まだ2敗力士もいますから」

と、ややがっかりした口調で
言っていたのに笑ってしまいました(笑)

※鏡山親方は貴景勝が気に入らないのではなく、千秋楽を待たずに優勝が決まることを懸念したものと思われます。

豪栄道、2日続けて変わる

一方で大関豪栄道は、
9日目に引き続き変わって勝ちました

結びが立合いの変化一発で
終わっちゃう相撲だったので、
微妙な雰囲気になってしまいましたm(__)m

今場所の豪栄道からは、
たとえ嫌われても勝負に徹するんだという
覚悟を感じます。

でも去年の秋場所は、
そういう勝ち方を続けて結局、
最後の最後で相撲が崩れましたよね

結果、日馬富士に
逆転優勝されてしまいましたよね。

自分の相撲を取って勝たないと、
優勝は難しいんじゃないかなぁ、
と思ってしまいます。。。

特に今日の相手は
大関初挑戦の朝乃山だったので、
受けてほしかったなぁ。。。

11日目の熱戦を期待

以上、2018年九州場所10日目の出来事と
阿武咲の相撲についてお伝えしました。

阿武咲はこれまでの押し出しと
変わらぬ内容の寄り切りで勝ち越し!

11日目の松鳳山戦が非常に楽しみですvv

結びの相撲はやや締まらない
ものがありましたが、
11日目の熱戦を期待します!

ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る