高橋大輔最後のフリーの西岡アナの実況が良かった話

高橋大輔最後のフリーの西岡アナの実況が良かった話フィギュアスケート

相撲も紅茶もゲームも
フィギュアスケートも大好きな
ペパーミントあいです。

2019年の全日本フィギュアでは、
高橋大輔選手がシングルで最後の演技を
しました。

その時の西岡孝洋アナウンサーの実況が
とても良かった、
という話をしようと思います。

スポンサーリンク

高橋大輔、2020季からアイスダンスに転向

高橋大輔選手は
2019年の全日本フィギュアをもって
男子シングルを卒業。

来季からはアイスダンスに転向し、
村本哉中選手とパートナーを組むことが
決まっています。

定評ある西岡孝洋アナが実況を担当

その高橋大輔選手最後のシングルの演技は、
SP、FSともに西岡孝洋アナが実況しました。

西岡アナといえば、
フィギュアファンの間では
フィギュアスケートに対して
とても高い博識を持っていることで
定評のあるアナウンサーです。

最も安心して実況を聞くことの出来る
アナウンサーです。

高橋大輔選手最後のシングルの演技を
西岡アナの実況で観れたことを、
とても嬉しく思います^^

FSでは特別出演だった西岡アナ

特にFSでは、
こんな特別な場面もありました。

高橋選手はSPの結果が
あまり良くなかったため、
前半グループでの登場でした。

前半グループはBSフジで中継し、
別のアナウンサーが
実況を担当していました。

高橋選手のフリーは、
前半グループ最後の滑走順。

本来ならそのまま、
別のアナウンサーが実況を続け、
後半グループに入ったら
地上波へ切り替えと同時に
実況を西岡アナに入れ替えるはずでした。

でも、この日はなぜか、
前半グループ最後の演技前に
唐突に放送席を交代。

実況:西岡孝洋アナ
解説:本田武史さん

のコンビで、高橋大輔選手最後のフリーが
放送されました。

やっぱり、
最後の演技は西岡さんの実況で
聞きたいですもんね^^

フジテレビさんの特別な計らいに
感謝いたします。

フィギュアの名実況者は余計なことは言わない

そしてその肝心な西岡アナの実況は、
というと。

特に凄い名言があったわけでも、
物凄く感動的に伝えたわけでもありません。

視聴者が高橋大輔選手の演技を
堪能できるよう、
演技中はただ静かにしていてくれました。

ふだんは左上に表示されるTESカウンターも
高橋大輔選手のフリーではなし。

でも演技がここから盛り上がるぞ!
という時には、絶妙なタイミングで
前振りを入れてくれます。

演技後は、変に引退を惜しんだり、
涙を誘うような文句を言うこともなく、
ただ新しい門出を祝福する言葉だけを
発していました。

変にアナウンサーが
悪目立ちしていないところが、
逆に名実況だったと思いました。

ちゃんと選手が主役になる実況を
してくれているところが
好感持てました^^

西岡アナの実況からは、
選手に対するリスペクトを
とても感じます。

高橋選手、お疲れさまでした。

そして西岡アナ、
素敵な実況で高橋選手を送り出してくれて
ありがとうございます^^

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る