2019年大相撲初場所初日の感想

2019年大相撲初場所初日の感想アイキャッチ2019年初場所

相撲と紅茶とゲームが大好きな
ペパーミントあいです。

2019年大相撲初場所は、
横綱稀勢の里が進退をかけて
臨んだ場所でした。

でも初日に御嶽海に敗れます。

白鵬と鶴竜以外の横綱・大関も全滅でした。

スポンサーリンク

ファンも嘆く稀勢の里の現状

稀勢の里、御嶽海に惨敗

進退のかかる稀勢の里は
初日に御嶽海に敗れます。

取組前、解説の北の富士勝昭さんは

「初日の対戦相手としては厄介だけど、
先場所の貴景勝よりは幾分やさしいだろう

と話していましたが、
結果は散々なものでしたm(__)m

御嶽海の攻めに下がらなかったまでは
良かったものの、
その後の攻めが雑なように思えました。

得意の左差しにこだわりすぎて
右からの攻めが疎かになっていた
ことは、

北の富士さんに解説してもらうまでもなく
素人目にも明白でした。

相撲ファンにとって特別な横綱

稀勢の里が敗れた瞬間、
わたしの周辺の相撲ファンのツイッターは

「ぎゃあああああああ!!」と
「あーーーーーーーーー!!」の嵐。

でも時間が経って冷静さを取り戻すと、

「これまでも左差しにこだわりすぎて
自滅するような負け方をしているのに、
なんでまた同じ負け方するの!」

というがっかりの声が広がっていました。

さらには

「これ以上情けない姿は見たくない」

という声も。。。

稀勢の里のファンの多くは、
当然ながら相撲ファン。

相撲ファンには「横綱」って、
特別な存在です。

本当に強い人にしか許されない称号で、
それこそ神の領域です。

一度なったら下がることはありません。

ゆえに弱くなることは許されない。

稀勢の里のファンの多くが
一相撲ファンとして、

ずっと応援してきた稀勢の里が
これ以上横綱の地位を汚す姿は見たくないと
思っているのも感じました。

ずっと応援してきたファンの人たちに
そんな風に思われてしまっていることが、
悲しいです。。。

2横綱は白星、3大関は全滅

一方でその他の横綱、大関は、というと、
白鵬と鶴竜以外は全滅。

鶴竜は栃煌山の変化に冷静に対応し、
白鵬は妙義龍を圧倒!

白鵬はまだ相撲取り足りないと
言わんばかりで、最後はちょっと
ダメ押しっぽい動きもあったものの、
元気そうなのは何よりでした^^

でも3大関が全滅というのは残念ですね。

とはいえ、
豪栄道は先場所足の靭帯損傷で
途中休場からの病み上がり。

高安は場所直前にインフルエンザにかかり、
栃ノ心は太ももの肉離れで
稽古総見を欠席していました。

十分な稽古が出来ず、
調整不足といったところでしょうか?

でも2日目以降に徐々に調子が出てきて
巻き返す可能性は、十分あると思います。

何たって大関ですから!

今後に期待です。

阿武咲は千代大龍に快勝

一方でわたしが
個人的に推している阿武咲は、
初日は千代大龍と対戦。

立合いは千代大龍にノド輪で
起こされたかに見えましたが
本当に起きることはなく、
逆に一気に攻め返しました!

いい相撲での白星です^^

北の富士さんは阿武咲について

「貴景勝より立合いの当たりは
厳しいんじゃないか?」

と話していました。

ただ一方で「引きも多い」とのこと。

そこが良くなれば、
貴景勝と共に東西の大関、
あるいはその上を張れるのも
夢ではないかもしれませんね。

2019年初場所初日の総括

以上が、2019年初場所初日の感想です。

稀勢の里の初日黒星は
正直かなり気持ちが暗くなるものが
ありますが、

白鵬と鶴竜が元気そうなのは
何よりでした^^

3大関はちょっと怪我などによる
調整不足が気になりますが、
今後巻き返す可能性は十分と見ています!

阿武咲も初日白星発進で何より^^

2日目以降の相撲も楽しみですvv

ペパーミントあいがお届けいたしました。

コメント

トップへ戻る