荒汐部屋で集団感染!初場所の開催は?

荒汐部屋で集団感染!初場所の開催は?2021年初場所

相撲と紅茶とゲームが大好きな
ペパーミントあいです。

荒汐部屋で新型コロナウィルスの
集団感染が発生しました。

幕内の若隆景、荒汐親方(元蒼国来)、
十両の若元春、他計12名が陽性とのこと。

この様子では、初場所の開催も危ういです。

でも荒汐部屋の皆さんとて、
やれる対策は全てやってのことだろうから、
やれることはすべてやって、
あとは天に任せるしかありません。

悲報!荒汐部屋でクラスター発生

相撲ファンにとっては、
新年早々、暗いニュースです。

12月31日に荒汐部屋の若隆景の
新型コロナウィルス感染が
発表されましたが、

年が明けた翌日の1月1日、
荒汐親方(元蒼国来)、
お兄さんの若元春、
他幕下以下の力士さんと
部屋所属の協会員の方計12名の
感染が確認されました。

クラスター発生の可能性は
高いと思っていましたが、
案の定でしたm(__)m

重篤者はなし

皆さん、重篤な症状こそ出ていないものの、
熱や喉の痛みなどの
風邪の症状
が出ているみたいですね。

このまま重篤化することなく、
無事に回復してくれることを
祈るばかりです。。。

荒汐部屋の初場所出場は厳しい

しかしこうなると、
荒汐部屋の力士さんは
初場所への出場は厳しいでしょうね。

陰性になってから2週間隔離しないと
いけないから、物理的に考えて
途中出場も厳しいと思います。

初場所中止の可能性も

更に言うと、
変異型のウィルスが出てきたこともあり、
日本国内の感染状況も
急速に広まっている様子。

こうなると、
初場所の開催自体も危ぶまれます。

他の部屋でもクラスターが発生したら
中止にせざるを得ないかもしれません

最悪のシナリオは、
場所中に集団感染が確認されて
途中で中止、というパターンです。

これだけはモヤモヤするので
起こってほしくないですが……

今の都内の感染状況を考えると
あり得ない話ではありません。

難しい判断を迫られる相撲協会

相撲協会の親方衆は、
年始早々、
厳しい判断を迫られていると思います。

何といっても、
親方たちの多くは場所開催に
とても強い使命感を持っていますからね

相撲協会の親方たちは、
場所を開催しないと興行収入が
入らなくなるというお金の問題以上に、
場所を行うことが相撲人である
自分たちの使命であるという意識が
とても強いんです。

でも「国技を執り行っている」
という意識もあるから、
「模範とならなければならない」
という気持ちも当然ある。

だから安全面を考えて中止という選択肢も
あると思います。

これまでの本場所開催時も、
たくさん専門家のアドバイスを聞いて、
安全に運営する方法に
試行錯誤していましたからね。

新型コロナウィルスに関しては
感染拡大の予想も難しいだろうから、
場所開催の判断も難しいんじゃないかと
思います。

ファンとしては、
どのような判断が下されようと、
無事を祈って見守るしかないですが。

私たちが今できるコロナ対策は

ただ今回の荒汐部屋の件にせよ、
12月頭の立浪部屋の件にせよ、
その前の玉ノ井部屋の件にせよ、
高田川部屋の件にせよ、

相撲協会全体で
気をつけて感染対策しているのに
集団感染が起きてしまうことに、
新型コロナウィルスの怖さを感じます。

(中にはガイドラインを守らず
処分を食らった力士や親方も
いたようですが……)

でもマーフィー理論に照らし合わせて
考えると、病気って、恐れとか、
歪んだ心の型が引き起こすらしいです。

なので理論上は、
全く一片の疑いもなく恐れていなければ、
新型コロナウィルスに感染しようが
するまいが病気にはならない、
ということになります。

こう言うと
舞の海さんみたいですよね(;^_^A

でも私は決して、
コロナはインフルエンザより大したことない
とか言いたいわけではありません。

現実問題、
本当に意識する心でも無意識の領域でも
完全に一片も恐れずに生活出来る人は
そうそういないんじゃないかと思います。

海外では
「神はコロナより強いんだ!」
と言って全く対策しなかった牧師さんが
コロナに感染して亡くなった、
というニュースもありましたからね。

彼は

「神はコロナより強い。
だからその神を信じている俺が
コロナなんかになるはずがない。
そう思っていなければ牧師失格だ」

と無理して思おうとして
自分に嘘をついたから、
潜在意識は本音である恐れの感情の方を
受け取って実現させたのだと
想像しています。

だからうそぶくのはやめて、
対策はちゃんとしてほしいです

マスクと手洗い、
不要不急の外出を避ける、
健康管理に気を付けるくらいしか
出来ることはないかもしれないけど、

これだけ気をつけて対策したんだから
大丈夫、と自信を持てるだけの対策を
して下さい

お相撲さんはみんな、
これだけ稽古したんだから大丈夫、
というくらい稽古を積んで
場所に臨んでいると思います。

だからコロナ対策に関しても、

これだけやったんだから大丈夫、

と自信を持てるだけの対策をして、

自分の努力では及ばないことは

神様に委ねるくらいの気持ちで

いいと思います。

ていうか、そうするしかないです(苦笑)

だって自分の力が及ばないことは
どうしようもないじゃないですか。

そこは神様に委ねるしかないですよ。

聖書にも「思い煩うな」とあるし、
自分の力ではどうしようもないことを
あれこれ思い煩うのは、
はっきり言って時間の無駄です。

「病は気から」という諺もあります。

それを実証するような話も、
たくさん聞きますよね。

だからやれるだけのことは全てやって、
あとは天に任せるでいいと思います

最後、ちょっとよく分かんない話に
なっちゃいましたが(;^_^A

ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る