貴景勝

2019年夏場所

貴景勝休場の決断にホッとした

2019(令和元)年夏場所5日目。4日目の御嶽海戦で右膝を傷めた新大関の貴景勝は、休場となりました。休場してくれて正直ホットしています^^貴景勝には無理をして怪我をこじらせて、照ノ富士のような苦労はしてほしくないと思っていたので。本人と師匠の英断を讃えたいと思います。今は回復に専念してほしいです。
2019年夏場所

貴景勝が怪我!毎回新大関がなぜこうも…

2019(令和元)年夏場所4日目。注目の新大関・貴景勝が膝を怪我しました。照ノ富士の時といい栃ノ心の時といい、なぜこうも、力をつけた注目の力士が次々怪我に苦しむのでしょう。貴景勝にはくれぐれも、休場するかどうかの判断を誤らないでほしいです><大怪我でないことを祈るばかりですが。
大相撲の記録

大相撲の県別幕内昇進人数の記録

1位は北海道の51人、2位は青森県の43人、3位は東京都の29人となります。この県別幕内昇進人数の記録は、2018年(平成30年)夏場所現在、昭和20年秋場所以降のものです。県別幕内昇進人数の記録は、平成30年夏場所6日目、NHK大相撲の十両の取組中に紹介されました。
相撲グッズ

貴景勝の私物「折りたたみ洗面器」とは?

貴景勝が大関に昇進する直前のがっぷり総見で紹介されていた私物「折りたたみ洗面器」について調べてみました。「携帯洗面器」と紹介されていたかもしれません。コンパクトに折りたたむことが出来て、持ち運びや収納に便利な洗面器のようです。貴景勝関はこの折りたたみ洗面器を国技館のお風呂場で使っているそうです。
2019年春場所

阿武咲、北勝富士に敗れ、春場所を終える

2019年大相撲春場所千秋楽。西前頭6枚目の阿武咲は北勝富士に敗れ、平成最後の春場所を5勝10敗で終えました。今場所ここまでは前に落ちて敗れる相撲が多かったのですが、千秋楽は先に攻め込んだものの、押し切れずに引いてしまう内容となりました。阿武咲にとって平成最後の春場所は試練の場所となりました。
2019年春場所

阿武咲、逸ノ城にあっさりはたかれる

2019年大相撲春場所5日目。西前頭六枚目の阿武咲は、逸ノ城にはたき込みで敗れて3勝2敗。立合いであっさりはたかれてしまいました。今場所は強い逸ノ城と好調な阿武咲との対戦、熱戦を期待したのですが、勝負は思いのほかあっさりでした。あとから冷静に考えて、熱戦にはなりにくい取組かなと思いました。
2019年春場所

阿武咲と貴景勝の差を陸奥親方が語る

2019年春場所3日目、阿武咲は碧山に敗れ、1勝2敗となりました。2連勝した時同様、一気に前に出ましたが、土俵際の逆転を食らってしまいました。その原因を、解説の陸奥親方(元霧島)は「右の踵が上がってしまっている」と話しました。同じ押し相撲でも貴景勝の方が完成度が高く感じた理由は、ここだったんですね!
2019年春場所

阿武咲の2019年春場所2日目

2019(平成30)年春場所2日目、阿武咲は阿炎と対戦。一気の押し出しで快勝しました!これで阿武咲は、初日の隠岐の海戦に続き2連勝!幸先のいいスタートです。一方で阿武咲のライバルの貴景勝は、大関取りのかかる場所で2連勝。いずれも一気の押しで相手を圧倒する内容でした。
相撲関連番組

貴景勝の笑顔がよかったジャンクスポーツ

2019年2月24日にジャンクスポーツで大相撲特集がやっていました。貴景勝の明るい一面が見られて良かったです^^NHKの殊勲インタビューではむっつりとしたイメージの強い貴景勝ですが、仲良しの大栄翔といる時はリラックスした明るい一面も見せてくれました^^仲良すぎて他の力士から「カップルみたい」とも笑
2019年初場所

2019年大相撲初場所千秋楽の出来事

2019年初場所千秋楽の私にとっての主な出来事は「玉鷲の優勝」「貴景勝の大関昇進は見送り」「鳩岡の序二段優勝」「解説陣の昔気質な話に引いちゃった」の4本です。それぞれに思いのたけを綴っています。特に4本目は、結局これが原因で稀勢の里は引退を早めたんじゃないの?というお話です。
トップへ戻る