琴欧州の大関とり3場所の星取表

琴欧州の大関とり場所3場所の星取表アイキャッチ大相撲の記録

NHK大相撲の細かすぎる記録が
大好きなペパーミントあいです。

2018(平成30)年夏場所は
栃ノ心の大関取りが
最大の話題になった場所でした。

過去大関取りに成功した力士が
どのようにして成功したのかも
気になりますよね。

2018年夏場所11日目のNHK大相撲の解説は
元大関琴欧州の鳴戸親方。

大相撲中継では、
琴欧州の大関昇進を決めた場所の
星取表も紹介されていました。

琴欧州の大関昇進を決めた場所と
直近3場所の星取表を見てみようと
思います。

スポンサーリンク

大関昇進の目安

大関昇進の基準に
明確な規定はありません。

ただ、直近の3場所が三役で33勝以上、
というのが目安と言われています。

琴欧州の大関昇進前の星取表

NHK中継でも
琴欧州の大関取り場所の
星取表が紹介されていましたが、

せっかくなので
もう少し詳しい星取表を
作ってみました。

対戦相手の番付も載せています。

横綱はピンク、大関は緑に
背景色を変えています。

さらに倒した横綱大関の四股名は
太字にしてみました。

琴欧州の平成17年九州場所
関脇・11勝4敗・優勝次点
日にち対戦相手勝敗対戦相手の番付
初日垣添前頭二
2日目普天王前頭二
3日目出島前頭三
4日目雅山前頭四
5日目北勝力前頭一
6日目旭天鵬小結
7日目稀勢の里前頭五
中日岩木山前頭四
9日目安馬前頭五
10日目玉乃島前頭一
11日目黒海前頭六
12日目白鵬小結
13日目朝青龍横綱
14日目千代大海大関
千秋楽魁皇大関
琴欧州の平成17年秋場所
関脇・13勝2敗・優勝次点
日にち対戦相手勝敗対戦相手の番付
初日黒海前頭二
2日目白鵬前頭一
3日目旭天鵬前頭三
4日目垣添前頭二
5日目雅山前頭一
6日目普天王小結
7日目出島前頭三
中日旭鷲山前頭四
9日目岩木山前頭四
10日目玉乃島前頭八
11日目栃東大関
12日目北勝力前頭七
13日目朝青龍横綱
14日目稀勢の里前頭十六
千秋楽千代大海大関
琴欧州の平成17年名古屋場所
小結・12勝3敗・優勝次点
日にち対戦相手勝敗対戦相手の番付
初日普天王前頭三
2日目千代大海大関
3日目玉乃島前頭四
4日目栃東大関
5日目白鵬関脇
6日目魁皇大関
7日目雅山小結
中日朝青龍横綱
9日目垣添前頭一
10日目旭鷲山前頭一
11日目出島前頭二
12日目黒海前頭六
13日目北勝力前頭五
14日目高見盛前頭十一
千秋楽若の里前頭二

当時は朝青龍が一人横綱、
栃東・魁皇・千代大海の
3大関が君臨する時代でした。

そんななか琴欧州は
何度となく朝青龍と優勝を争い、
何度となく倒して大関に昇進!

ただ、意外と当時前頭だった
稀勢の里には弱かったんですね(笑)

12勝、13勝、11勝なので、
3場所の合計は36勝。

三役で3場所の合計が33勝以上
という目安はクリアしていることに
なります。

栃ノ心のここ3場所

栃ノ心の場合、
優勝した初場所は14勝1敗。

優勝翌場所の先場所(春場所)は
10勝5敗。

今場所はすでに11勝しているので、
3場所の合計はすでに35勝。

目安の33勝はクリアしていますが、
ただ、優勝した初場所は平幕でした。

でも、そこは特に明確な基準はない
大関昇進ライン。

ぶっちゃければノリと雰囲気で
決まってしまうのが大相撲の慣例
ですw

栃ノ心の場合、
上位総当たりの地位での平幕優勝が
逆に評価されている
と考えられます。

幕尻での白星と
幕内上位での白星では
白星の重みが違いますからね。

11日目の時点で、
阿武松審判部長(元益荒雄)は
「確定事項ではないけれど」と
前置きした上ですが、

栃ノ心の大関昇進について
「濃厚」という見解を示しています。

ただ、そこはノリと雰囲気で
決まってしまう大相撲界。

残り4日間で急にガタ崩れするような
ことがあれば、
見送られる可能性も高いです。

今の栃ノ心を見ていて
とても崩れるようには思えませんが、
まずは残り4日間を見守りたいと思います。

大関になった人に共通するもの

以上、琴欧州の大関昇進直前の
3場所についてお伝えいたしました。

いかがでしたでしょうか?

世間一般に目安とされている
「三役で3場所の合計が33勝」を
クリアしている琴欧州と、

平幕優勝から大関取りが始まった栃ノ心。

状況はだいぶ違います。

琴欧州は朝青龍がめちゃめちゃ強くて、
さらに栃東、千代大海、魁皇という
ベテランの3大関もいました。

一方の栃ノ心は、
迎え撃つ3横綱大関が
いずれも年齢や怪我に苦しんでいる状況
での大関取りです。

ただ大関になった人に共通しているのは、
数字よりも横綱を倒すことよりも

「な、なんかこいつ凄いぞ!?」

というオーラがあることだと思います。

今の栃ノ心にはそれを凄く感じます。

もちろん、オーラだけで昇進が
決まるわけではありません。

でも、オーラによって左右される
部分も大きいのが、
大相撲の面白いところだと思います!

明確な規定がなく、
ノリと雰囲気で昇進が決まることに
関しては、

相撲ファンでない人からしたら
意味が分からない
ことだと思います。

相撲ファンでも
モヤっとくることはあります。

でも一方で、
それが面白いところであり、
好きなところ
であるのも事実です。

少なくとも私の場合は。

以上、ペパーミントあいが
お届けいたしました。

情報参照元:大相撲星取表

トップへ戻る