大相撲の記録

大相撲の記録

栃ノ心の大関昇進に関する記録

栃ノ心の大関昇進伝達式での口上と大関昇進に関する記録をまとめました。栃ノ心の大関昇進伝達式での口上は「親方の教えを守り、力士の手本となるよう稽古に精進します」でした。栃ノ心は1958年以降では4番目に年長の大関昇進、春日野部屋からは栃光、栃ノ海の同時昇進以来56年ぶりの大関昇進となります。
大相撲の記録

横綱不在場所と空位期間と完全不在時代の記録

一場所15日制になって以降の横綱不在場所の記録一覧を作成しました。調べている時に番付に横綱が空位だった期間、引退した元横綱も生存していなかった時代があると分かったので、あわせてご紹介しています。この記事があなたが大相撲尾観戦を楽しむ一助となれば嬉しく思います^^
大相撲の記録

大栄翔の新関脇にまつわる2つの記録

大栄翔は「若秩父以来、57年ぶりの埼玉出身関脇」「追手海以来、20年ぶりの追手風部屋の関脇」となりました。新関脇の2020(令和2)年秋場所は5勝10敗と負け越したものの、かつては貴乃花が偉く気に入って太鼓判を押した力士。素晴らしい可能性を秘めた良い力士だと思います^^
大相撲の記録

幕内優勝者のいない都道府県

大相撲の歴史上、幕内優勝者のいない都道府県の記録をまとめました。2020(令和2)年秋場所終了現在、幕内優勝者がいないのは宮城、埼玉、静岡、岐阜、福井、滋賀、京都、和歌山、島根、徳島、宮崎、沖縄です。熊本と長野も最近までいませんでしたが、熊本は正代が、長野は御嶽海が優勝して優勝者が出ました。
大相撲の記録

関脇以下で2回優勝した力士

戦後、関脇以下で2回優勝した力士は朝汐、佐田の山、魁傑、貴花田、琴錦の5人のみ。各力士が優勝したときの状況と当時の勢力図を調べてみたら、現代にも通じるあることに気付きました!当時の雰囲気とあわせてお楽しみいただければ嬉しく思います^^みんな「昔の横綱大関は強かったのに」とか言っちゃダメです(笑)
大相撲の記録

大関昇進の年長記録

NHK大相撲の細かすぎる記録が 大好きなペパーミントあいです。 2018(平成30)年夏場所13日目の NHK大相撲中継にて、 昭和33年以降の大関昇進年長記録が 紹介されていました。 本記事は当該の夏場所13日目に ...
大相撲の記録

大相撲の一方的な対戦成績記録

2018(平成30)年夏場所12日目には、栃ノ心が25連敗し続けた白鵬に初めて勝ちました!大相撲には白鵬と栃ノ心以外にも、一方的な対戦成績の記録がたくさんあります。その一部がこの日のNHK大相撲中継にて紹介されていました。内容をシェアしたいと思います。
大相撲の記録

白鵬と琴奨菊が60回目の対戦

NHK大相撲の細かすぎる記録が大好きな ペパーミントあいです。 2018(平成30)年夏場所9日目は 白鵬と琴奨菊の対戦が組まれ、 両者の対戦回数が60回となりました。 稀勢の里-琴奨菊の66回、 稀勢の里-日馬富士の6...
大相撲の記録

豪風が成し遂げた2つの大記録

豪風は2017(平成29)年名古屋場所に「幕内出場回数」と「幕内在位場所数」という2つの大記録を成し遂げました!記録の詳細と当時NHK中継で豪風について特集された内容をまとめました。豪風が40歳目前まで現役を続けてこれたのは、「自分より若い人から学ぶ姿勢があったから」ではないかと思いました。
大相撲の記録

琴欧州の大関とり3場所の星取表

琴欧州の大関取り場所3場所の星取表をまとめました。ただ星取表をまとめるだけでは面白くないので、対戦相手の番付も併せて載せた表を作ってみました!琴欧州は大関取り場所で2度朝青龍を倒しているものの、2度稀勢の里に敗れていました。当時朝青龍は一人横綱、稀勢の里は平幕でした。
トップへ戻る