技の神髄「安美錦の出投げ」

技の神髄「安美錦の出投げ」大相撲観戦日記

相撲と紅茶とゲームが大好きな
ペパーミントあいです。

2020(令和2)年大相撲十一月場所7日目。

NHK大相撲中継の「技の神髄」のコーナーで
「安美錦の出投げ」が特集されました。

以下、メモ書きですが
内容を記録に残します。

安美錦の出投げの極意とは?

過去の技の神髄

技の神髄のコーナーは面白いです!

以前には「栃東のおっつけ」
紹介されました。

大相撲の技術「おっつけ」とは?
大相撲の技術「おっつけ(押っ付け)」について、写真の図解付きで解説しています。「おっつけ」って、大相撲中継で頻繁に出てくる用語だけど、初心者には何のことだかわっぱり分からないですよね。逆に分かれば、大相撲観戦がもっと楽しくなります!より奥深く大相撲を楽しむことができます。ぜひ知ってほしいです!

全般に昔の力士の技が
扱われることが多いのですが、
今回はつい最近まで現役だった
安美錦の出投げが特集されました。

次は「琴奨菊のガブリ寄り」を!

奇しくもこの日は
元大関 琴奨菊が引退した日でも
ありました。

琴奨菊の「ガブリ寄り」も
特集されるかもしれません。

見てみたいです!

琴奨菊引退に関しては
下記記事にて色々思いを語っています。

琴奨菊の引退と大関の神性について思うこと
琴奨菊が2020(令和2)年11月場所7日目に引退しました。現役時代の素晴らしい功績と自分らしい生き方を心から称えたい一方で、大関の神性についても考えてしまいました。北の富士さんのコラムには反感を覚える一方、どこかで正しいと感じている自分もいます。でもやっぱり本人の意思を尊重したいです。

以上、
ペパーミントあいがお届けいたしました。

トップへ戻る